たけちゃんのあんなことこんなこと

50代家族持ち♂が普段の出来事を気ままに書いています。基本コンテンツは レシピ 食レポ お散歩記事 その他小技 となっております。


スポンサードリンク

 

自己紹介と本ブログのコンテンツとプライバシーポリシー

せんべろ探検隊 大井町立呑み居酒屋街ではしご 豊後屋と臚雷亭

この記事をシェアする

大井町のJR東口を海側に出たあたりは、立ち飲み屋や居酒屋が軒を連ねている一角があります。そんなところのごきげんな立ち飲み屋さんを二軒紹介します。

外観

立飲み処 豊後屋 

大井町の駅からだと、東小路を抜けて、すずらん通りに出たところにあります。すずらん通りにも「肉のまえかわ」などの個性的な店が並んでいます。

そんななか、今日はレバーフライが食べたくて、豊後屋さんをチョイスしました。

豊後屋

こちら豊後と言うだけあって、大分産の鶏肉料理が豊富な様子。次回はとり天も食べましょうかね。

お店は二階 

階段

お店には急な階段を二階に登る必要があります。階段の両脇には主に飲み物のメニューが張ってあって、気分を盛り上げてくれます。このスタイル、銀座のドラム缶と一緒です。

土日は椅子あり

平日は混雑するので立飲みスタイルですが、土日は椅子も出てくるみたいです。

メニュー

メニュー

メニューは本格焼酎が各種。サワー系は1杯300円とお手頃です。

営業時間

営業時間は平日17:00-23:00となっています。

ホッピーセット

ホッピー

この日は結構歩き回ってきたので、ホッピーセットからスタートです。いつもの黒ホッピー。

ごぼうサラダ

ごぼうサラダ

すぐ来るおつまみという事で、ごぼうサラダを頼みました。ごぼうのシャキシャキ感が心地よく、ブラックペッパーも効いています。

奥にある籠は立ち呑み店でおなじみのキャッシュオン用のお金を入れておくものです。ここに千円札や硬貨を入れておくと、注文の品が届くたびに店員さんがお金を持っていくスタイルです。

レバーフライ

レバカツ

メインディッシュのレバーフライ。かなりボリュームがあります。新鮮なレバーを捌いて揚げた後で甘辛いソースにくぐらせてあります。歯ごたえがしっかりあって、噛みしめる毎にレバーの旨味が口の中に広がります。これ、良いですねぇ。気に入りました。

一人で食べるにはちょっと量が多いと言われることも多いらしく、ハーフサイズもあるのですが、僕はこれぐらいあってちょうどいいです。

でも、レバーフライをハーフにして、とり天を取っても良かったかもしれない。

ナカ追加

ナカ

レバーフライを食べ始めたぐらいでお酒がなくなったのでナカを追加しました。分量はこれぐらいで標準的。外1:ナカ2でちょうど良い感じです。

お会計 

ホッピーセット 300円
ナカ 200円
レバーフライ 400円
ごぼうサラダ 200円
合計 1100円
 

関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 大井町駅青物横丁駅鮫洲駅

 

臚雷亭

この日は実は餃子を食べたい気分だったので、引き続きフラフラしていたら、こんなお店が有りました。自家製点心のお店だそうです。

持ち帰りも出来るということで、店先にもカウンターがあります。 

臚雷亭

中ジョッキは第三のビール

こちらのビールは第三のビールでのどごし生。中ジョッキ300円です。

第三のビール

中華系のおかずが豊富

メニュー

メニュー

中華系のおつまみメニューは豊富にあります。餃子は焼き餃子と水餃子があり、両方共5個で230円です。

焼き餃子

餃子

焼き餃子は5分ぐらいで到着。非常にオーソドックスですが、皮から自家製らしく、もちもちした皮です。

餃子

お会計 

のどごし中 300円
餃子 230円
合計 530円

関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 大井町駅鮫洲駅青物横丁駅

 

過去のせんべろ探検隊 

www.take--chan.tokyo

www.take--chan.tokyo

www.take--chan.tokyo

 

// パンくずリスト表示