今日のごはんは何にしようかな 

飲み歩きと食べ歩き たまに料理を作ります


スポンサードリンク

 

自己紹介と本ブログのコンテンツとプライバシーポリシー

せんべろ探検隊 柏崎駅前の居酒屋 よね山

この記事をシェアする

柏崎へ日帰りで出張に行った際、帰りの電車を待つ1時間弱の時間でさっくり訪問したお店です。女将さんが人懐っこく、ほっこり出来る店でした。

よねやま

 

居酒屋 よね山 

電車待ちの時間ですから、駅前広場にある店を選びました。居酒屋は2店あったのですが、なんとなくでこちらをチョイスしました。

お通し

お通しのぜんまい

最初に出てきたお通しが料理一品並みに大量に皿に盛られたゼンマイの煮物でした。いかにもおふくろの手料理といった感じの一品。これとビールだけでもいい感じですが、流石にもう一品頼まないといけませんよね。

生ビール

生ビール

地酒と行きたいところですが、帰りの道中も長いので、生ビールを選択。よく冷えた美味しいビールでした。出張の疲れが抜けてゆきます。

メニュー

お品書き

レギュラーメニューはこんな感じ。その他海沿いの街なので、その時の漁の具合によって魚料理が追加されます。

白海老の天ぷら

白えびの天ぷら

この日は白えびの天ぷらがあったので、日本海らしいメニューということで頼んでみました。

白えびの天ぷら

磯の香りがして、サクサクとした歯ざわりが美味しかったです。生ビールがグビグビ進みます。

ハマボウフウの天ぷら

ハマボウフウの天ぷら

この女将さん、近くの浜辺でハマボウフウを取ってきて、根をお酒につけて漢方薬を作っているそうです。

ハマボウフウは砂浜に自生する植物です。ハマヒルガオなどと並んでいるところを見ることが出来ます。柏崎には大規模な群生地があるそうです。

ハマボウフウ - Wikipedia

砂浜の植物なので取ってきた時は砂だらけで、なんども砂を流さなくてはいけないそうですが、下ごしらえしてしまえば、さっと揚げると良い天ぷらになります。

ちょっと苦味があって、山菜のような味でした。

僕が房総の浜辺に行ったときに見たことがあると言ったら、女将さんが痛く気に入ってくれて、ぜひ食べてくれと言って出てきたのがこちらの天ぷらです。

こちらで注文したわけではないですが、300円という非常に良心的な値段ですし、こんな地元の人との交流は嬉しいです。

ハマボウフウ酒

ハマボウフウのお酒

ハマボウフウの根の部分は焼酎に3年漬けて、漢方薬にするそうです。鼻水や咳によく効くと言っていました。 

はちみつも入っているということで、ちょっと苦かったですが養命酒より飲みやすい感じです。

こちらは本当にサービスで、お代の請求はありませんでした。

田舎のおふくろさんと話しているような、とてもアットホームなお店です。

お会計

生ビール 600円
お通し 200円
ハマボウフウ天ぷら 300円
白えび天ぷら 800円
合計 1900円

関連ランキング:居酒屋 | 柏崎駅

 

夕焼け

帰りは車中から夕焼けを眺めながら帰りました。

過去の食レポ

 

www.take--chan.tokyo

www.take--chan.tokyo