今日のごはんは何にしようかな 

飲み歩きと食べ歩き たまに料理を作ります


スポンサードリンク

 

自己紹介と本ブログのコンテンツとプライバシーポリシー

【閉店】食レポ 優しい生姜味の鶏白湯スープ 南浦和 東行

この記事をシェアする

【2019年3月21日追記】南浦和の駅近くにある、鶏白湯スープが優しい味のラーメン屋さんがあったのですが、残念ながら閉店となってしまいました。

 

麺処東行 

南浦和東口から、武蔵野線のガード沿いに5分ほど歩いた、飲み屋さんの並ぶ場所にあるこじんまりとしたラーメン屋さんです。

メニューと券売機

メニューは鶏白湯ラーメン、塩ラーメン、醤油ラーメン、つけ麺、油そばの5種類、トッピング追加は味玉、チャーシュー、メンマ、のりの4種類と非常にシンプルです。鶏白湯スープは50円高い値段設定になっています。

大盛りはなくて、たくさん食べたい人は替え玉を頼むシステムだそうです。

店内

店内はカウンターのみ9席という規模なので、お昼時などは店外に待ち行列が出来てしまいます。カウンターは清潔で調味料などが行儀よく並んでいます。

鶏白湯ラーメン

到着した鶏白湯ラーメンがこちら。チャーシューは65℃で長時間加熱した低温調理のチャーシューです。 ピンク色が白いスープと良いコントラストを見せています。なかなかインスタ映えするラーメンです。

自家製麺のシコシコ麺と優しい味のスープ

麺は自家製麺のシコシコした麺です。中細麺ですが、コシが強いので伸びにくく、食べるのが遅い人でも最後まで美味しく食べることが出来ます。

鶏白湯スープは見た目こってりとしていそうに見えますが、啜ってみると全然そんな事は無く、さっぱりとコクのあるスープになっています。脂分はよく落としてあって、旨味だけが濃縮されている感じです。

薬味はゆず胡椒としょうがレモン

薬味はラーメンの常識を覆す、ゆず胡椒としょうがレモンが用意されていました。確かに豚の獣臭からは無縁の味と香りですので、胡椒よりは柚子や生姜の香りの方が合う感じです。僕としては、ゆず胡椒をスプーンに一杯、しょうがレモンをスプーンに半分ぐらい入れるのがベストマッチと感じました。

関連ランキング:ラーメン | 南浦和駅

その他ラーメン食レポ 

www.take--chan.tokyo

www.take--chan.tokyo