今日のごはんは何にしようかな 

飲み歩きと食べ歩き たまに料理を作ります


スポンサードリンク

 

自己紹介と本ブログのコンテンツとプライバシーポリシー

食レポ 12月のてんやの日

この記事をシェアする

今日は18日ですので、てんやの日です。通常690円の上天丼が500円となり、更に1ヶ月有効の100円割引チケットが貰えます。てんやフリークにとっては外すことのできない日です。

f:id:take--chan:20191218212853j:plain

 

12月のてんやの日 

12月のてんやの日は北千住店で迎えました。北千住店は限定メニューで運用していました。

f:id:take--chan:20191218212834j:plain

むしろ、グランドメニューが生きたままの川崎店のようなお店のほうが珍しいのかもしれません。

f:id:take--chan:20191218213034j:plain

アラカルト天ぷらも5品のみとかなり絞り込んでいます。

上天丼+まいたけ天

f:id:take--chan:20191218213152j:plain

今回は絞られているアラカルトからまいたけをチョイスしました。てんやの天丼はアラカルトを1品追加するだけで俄然豪華な見栄えになります。

f:id:take--chan:20191218213226j:plain

二本の海老が自己主張していますね。上天丼はこういう日しかなかなか食べられないので、海老2本のビジュアルが嬉しいです。味の方は安定して美味しいてんやクオリティ。卓上には年越しそばにトッピングするための天ぷらの予約注文の注文票が置いてありました。年末はスーパーの総菜売り場の海老天も高騰してしまいますが、てんやの天ぷらの値段は変わりませんので、むしろコスパが良いかもしれません。

ふもと赤鶏天丼

で、100円引きチケットを消化するべく訪れた際に注文したのがこちらのふもと赤鶏天丼です。残念ながらふもと赤鶏天丼の販売は既に終わってしまいました。

現在の季節限定天丼は西京風銀ダラの天丼のようです。

www.tenya.co.jp

 

ふもと赤鶏天丼は、佐賀の銘柄鶏であるふもと赤鶏を鶏天とつくね天でアレンジした天丼です。他にかぼちゃといんげんが乗っています。

やってきたのがこちら、鶏天はかなり大振りです。これが2枚乗っていますので、これだけでかなりの迫力となります。つくね天は逆に小ぶりでおとなしく控えている感じに見えます。

今回はアラカルトは追加していないのですが、丼の上は天ぷらで覆い尽くされています。見た目の贅沢さはかなりのものです。

鶏天は胸肉なのでしょうか、脂身のないさっぱりした肉です。でもとても柔らかくて、さっくりと噛み切ることができます。味もブロイラーとは違って濃厚な鶏の味を味わうことができます。脂身が少ないのですごくヘルシーな感じがしました。

つくねの方は軟骨がコリコリとしていて、味付けされた鶏ひき肉がジューシーでとっても美味しかったです。つくね天がもう少し大きいともっと嬉しかったです。つくね天をアラカルトでもう一つ追加するのが良い注文方法かもしれません。

その他のてんやの日レポ 

www.take--chan.tokyo

www.take--chan.tokyo

www.take--chan.tokyo