今日のごはんは何にしようかな 

飲み歩きと食べ歩き たまに料理を作ります


スポンサードリンク

 

自己紹介と本ブログのコンテンツとプライバシーポリシー

食レポ 蕨駅前のお手軽十割そば 蕎麦樹

この記事をシェアする

浦和に住むようになってから気になっていたお蕎麦屋さん、何度か前を通ったもののいつもお休みだったので、閉店してしまったのかと思いましたが、やっと開店しているときに訪問することが出来ました。

 

蕎麦樹 

今回お伺いしたのは蕨駅西口ロータリー沿いにある、蕎麦樹さんです。

十割そば

蕎麦樹さんはスタンドそばなのですが、自家製麺による十割蕎麦を出されています。

メニュー

メニューは店頭にもありますので安心。もりそば、かけそばは390円と、十割そばを出す店としてはかなり安いほうです。他にこの値段帯で十割そばを出す店は都内にチェーンがある嵯峨谷ぐらいしか知りません。

店内

店内は1階に厨房を挟んでカウンターが4席、2階にテーブル席があります。厨房で店主とアルバイトの2名で切り盛りしているので、2階席の場合は番号札をもらって、出来上がったら呼ばれるので取りに1階に降りるというシステムになっています。

店内にもメニューが有り、天ぷらなどのトッピングの値段が書いてあります。天ぷらは100円から300円ぐらいです。

もりそば+紅生姜天

今回の注文はもりそばと紅生姜天、合計560円です。そばは普通もりで、見た目少なそうに見えますが、分量の割にボリュームのあるそばなので、結構お腹いっぱいになりました。

そばはしっかりと固めのそばで、もちもちした食感に加えてコシがかなり強いです。ラーメンに例えたら二郎系のもちもちワシワシした食感に近いです。十割そばだけあってそばの香りはしっかりと感じられます。

打ちは太めなので、数本をつまんで、しっかりと噛み締めながら食べる感じです。更科系の細打ちのそばのようにツルツルと喉越しを楽しむタイプではなく、そばの香りと味をしっかりと楽しむタイプです。

天ぷらは揚げ置きですが、衣はカリカリとしていて、美味しかったです。冷たい蕎麦の場合、天ぷらが冷たいのはさほど気になりませんので、揚げ置きでも衣がベチャッとしなければ問題ないと思っています。

不定休 

さて、最初に何度か前を通ったときにいつもお休みだったという件ですが、店主に聞いてみたところ、店主に持病があり、病気になっているときは休まざるを得ないという事で、不定休となっているそうです。今までの様子だと、一度お休みに入ってしまうと、数週間休んでしまうことになるようですので、ここが目的で蕨に行くというのであれば、予め電話で確認したほうが良いと思います。

通常に営業している場合は休業日は日曜日、営業時間は11時~21時となっています。

関連ランキング:そば(蕎麦) | 蕨駅

その他の食レポ 

www.take--chan.tokyo

www.take--chan.tokyo

www.take--chan.tokyo