今日のごはんは何にしようかな 

飲み歩きと食べ歩き たまに料理を作ります


スポンサードリンク

 

自己紹介と本ブログのコンテンツとプライバシーポリシー

食レポ 十割蕎麦の嵯峨谷

この記事をシェアする

新宿で用事がある際に、久しぶりに十割そばの嵯峨谷にお邪魔しました。以前も紹介したお店ですが、以前と変わらず美味しいお蕎麦を食べることが出来ました。 

www.take--chan.tokyo 

 

嵯峨谷 歌舞伎町店 

場所は歌舞伎町の歓楽街の入り口より少し大ガード寄りの靖国通り沿いです。24時間営業ですので、飲みの前に小腹を満たすのにも良いですし、飲んだ後の締めに使うのもよいでしょう。

メニュー

メニューはお蕎麦と冷麦、ごはんセットとありますが、やはりこの店なら自家製麺の十割蕎麦がお勧めでしょう。ただ、以前レポートした時はもりそばが290円でしたが、現在は320円に値上がりています。かき揚げも100円が130円になっていました。それでも新宿の真ん中で十割そばを300円ちょっとで食べられるのは、コスパは良いと思います。

入店するとすぐ目の前に食券売場があり、食券を買ってカウンターに出します。出す際にお蕎麦か冷麦か選びます。また、蕎麦も普通の太さと細麺が選べるようです。

店内

店内は細長いスペースの両側にカウンターが並んでいるうなぎの寝床スタイルです。奥の方は片側が厨房スペースになっています。収容人数は食べログで40人となっていました。奥が広いのでそれぐらいは入ると思います。

もりそばとかき揚げ

この日の注文はもりそばとかき揚げ。天ぷらそばと中身は一緒で値段も一緒ですが、天ぷらそばとして頼むと丼に天ぷらと蕎麦が乗り、汁をぶっかけるスタイルになっています。別々に頼むと天ぷらが小皿に乗ります。

蕎麦は店内の押し出し製麺機で作っていますので、まさしく打ちたて茹でたてです。麺はコシが強い、シコシコした麺です。蕎麦の香りもしっかりしています。スタンド蕎麦のクオリティは優に凌駕しています。

かき揚げはかき揚げリングを使って揚げたもののようで、かなり厚みのあるかき揚げになっています。こちらも揚げたてが出されているようです。衣はカリカリとしています。

蕎麦湯はセルフサービス

蕎麦湯は店内のポットからセルフサービスで注ぐようになっています。水は冷水器からこれまたセルフサービスです。

押し出し製麺で打ち粉をほとんど使わないからか、蕎麦湯はとろみの無いかなりさっぱりとした味でした。汁を薄めて飲んだ後、蕎麦湯だけでも飲んでみましたが、お茶代わりに飲める味です。

関連ランキング:そば(蕎麦) | 新宿西口駅西武新宿駅新宿三丁目駅

その他の食レポ 

www.take--chan.tokyo

www.take--chan.tokyo

www.take--chan.tokyo