今日のごはんは何にしようかな 

飲み歩きと食べ歩き たまに料理を作ります


スポンサードリンク

 

自己紹介と本ブログのコンテンツとプライバシーポリシー

食レポ 北千住のシンプルラーメン りんりん

この記事をシェアする

東京の下町界隈も、常磐線沿線は一段と庶民的で、物価も安く、魅力的なお店もたくさんあります。今日は北千住からちょっと歩いたところにある、激安で家族的なラーメン屋さんのりんりんを紹介します。

 

北千住の街並み 

f:id:take--chan:20190923201602j:plain

北千住駅から日光街道に向けて歩いていくと、下町らしい活気にあふれた宿場通り商店街や、上の写真の大橋眼科医院などがあり、眺めながら歩いていると飽きません。寄り道してしまうと目的地にたどり着けなくなりそうです。

りんりん

f:id:take--chan:20190923201556j:plain

そんな街中を抜けて、日光街道の信号を渡り、左折して100mほど歩くと、りんりんに到着します。店内はカウンターのみ8席のこじんまりとしたお店で、カウンターに囲まれた形で厨房があります。片隅には餃子の持ち帰りカウンターがあり、隣でおばあちゃんがひたすら餃子を包んでいるのが見えます。

メニュー

f:id:take--chan:20190923201550j:plain

このお店、1年に1回ぐらい通っていますが、少しづつ値上げがされています。最初に行った時には、餃子とラーメンを食べてワンコインだったのですが、そのうち、ワンコインに収めるには焼きそばと餃子にしなくてはいけなくなり、いまは餃子付きでワンコインになるメニューは無くなってしまいました。原材料、人件費高騰、かつ消費税が上がっていますのでやむを得ないと思います。今のラーメン+餃子の630円も、世間相場から見たら十分安いです。

壁にはサインがいっぱい

f:id:take--chan:20190923201544j:plain

メニューの下には、取材を受けた際の芸能人やアナウンサーのサインが並んでいました。最近、街歩き食レポの番組ってすごく多いですものね。

ラーメン+餃子

f:id:take--chan:20190923201538j:plain

ものの5分としないうちにラーメンと餃子が並びました。このスピーディーさ。せっかちな下町育ちの要求をきちんと受け止めています。かと言って、作り置きをしている訳では無く、注文を受けてから作り始めています。

餃子

f:id:take--chan:20190923201531j:plain

餃子は1人前6個入り。皮は薄目でぱりぱりした感じに焼いています。中に包まれた餡は多め、肉よりキャベツやネギなどの野菜が多めで、さっぱりした味付けになっています。

f:id:take--chan:20190923201455j:plain

肉汁じゅわっっという感じの餃子ではないのですが、優しい味で安心できる、家庭的な味の餃子です。実家の母が作る餃子というイメージです。

ラーメン

f:id:take--chan:20190923201525j:plain

ラーメンもシンプルを極めています。透き通った鶏ガラベースのスープに、チャーシュー1枚、メンマをひとつまみだけ。そのシンプルさがたまらないです。

f:id:take--chan:20190923201519j:plain

麺は中細麺で、あっさりとした味のスープにすごくマッチしています。これはもう醤油ラーメンの完成形ですね。お店の人も家族でやっている雰囲気で、家庭料理的な感じに好感が持てました。

 

www.take--chan.tokyo

 

関連ランキング:ラーメン | 北千住駅千住大橋駅