今日のごはんは何にしようかな 

飲み歩きと食べ歩き たまに料理を作ります


スポンサードリンク

 

自己紹介と本ブログのコンテンツとプライバシーポリシー

食レポ 足柄うどんのカレーうどんと金太郎の力水コーヒー

この記事をシェアする

滝行の合間に昼食に訪れた万葉うどん。相変わらずカレーうどんが美味しかったです。その後で訪れた休憩所はほっこり癒やされる場所でした。

f:id:take--chan:20181013222132j:plain

 

万葉うどん 

f:id:take--chan:20181013222131j:plain

万葉うどんは地蔵堂バス停から徒歩1分の場所にあります。その場で打った手打ちうどんが名物です。天然バナジウム水の湧き水で打っていますので、コシの強さに定評があります。

カレーうどん

f:id:take--chan:20181013222129j:plain

メニューはざるうどん、湯うどん、とろろうどんとありますが、僕が好きなのはキーマカレーの塊を入れているカレーうどん。うどん屋さんのカレーにしては本格的なスパイシーカレーがコシの強いうどんによく合っています。

f:id:take--chan:20181013222128j:plain

意外にカレーが良く絡むうどんです。

f:id:take--chan:20181013222127j:plain

カレーを溶きながら段々カレー味を強く出してゆく食べ方がお気に入りです。

f:id:take--chan:20181013222126j:plain

うどんを食べ終わった頃にはスープは1/3ぐらいになっていますので、あとは飲み干して終わりです。追加のうどん玉を100円で追加することも出来ます。ちなみに自前の箸(割り箸はだめ)を持ってゆくと、大盛りか追加のうどん玉を無料でもらうことが出来ます。

店内

f:id:take--chan:20181013222125j:plain

店内は古民家を活かした作り。掘りごたつ風のエリアが2箇所あります。外にもテーブルがあります。これからは寒くなってしまいますが、春から秋口までは外で食べるうどんも美味しそうです。

 

関連ランキング:うどん | 小田原

 

金太郎の遊び石休憩所

f:id:take--chan:20181013222139j:plain

地蔵堂から夕日の滝に歩いてゆく途中に、金太郎の遊び石という大きな岩があります。箱根山の噴火で飛んできたものだと思いますが、金太郎が昔その石を持ち上げて遊んでいたという伝説があります。

f:id:take--chan:20181013222137j:plain

そのすぐ脇に休憩所があり、お茶やコーヒーを出しています。普段は土日しか営業していないということなのですが、珍しく平日営業していたので寄ってみました。

f:id:take--chan:20181013222138j:plain

メニューはコーヒーと日本茶。このへんはお茶の産地となっています。この隣も茶畑です。今はお茶の花がたくさん咲いています。

f:id:take--chan:20181014133106j:plain

コーヒー

f:id:take--chan:20181013222136j:plain

でも、ここではコーヒーを頼んでみました。金太郎の力水で淹れたコーヒーは雑味がなく、すごく素直な味でした。

よもぎ餅

f:id:take--chan:20181013222135j:plain

こちらは地元のよもぎを練り込んだよもぎ餅。こちらもよもぎにありがちな苦味がなく美味しいお餅でした。これだと日本茶のほうが良かったかなとちょっと思ったりしました。

ゆで落花生

f:id:take--chan:20181013222133j:plain

こちらはサービスで貰ったゆで落花生。この日の店当番の方が家で作っているのだそうです。ゆで落花生は生落花生が手に入るところでないと作れないのでなかなかお目にかかれませんが、煎った落花生に比べると、柔らかい豆の歯ざわりが癖になる美味しさです。

パクパク食べていたら、たくさんお土産に頂いてしまいました。

お店には店当番のおばさんと、ハイカーと思われる3人のおばさん。ごく普通に井戸端会議をしているところに入ってゆく形になりました。当然「どこに行かれたのですか」と聞かれましたので、「滝に入ってきました」と答えたところ、どうも、このハイカーの方たち、僕が滝に入っていたところを見ていたようです。「すごいことをする人がいると思ってみていた」という事ですが、その後「なんか肌がつやつやしていて、お風呂上がりみたいに見えると思ったらそういうことだったんですね」と言われました。
滝行には美肌効果もあるようです。興味ある方はぜひお試しください。

その他の記事 

www.take--chan.tokyo

www.take--chan.tokyo

www.take--chan.tokyo