今日のごはんは何にしようかな 

飲み歩きと食べ歩き たまに料理を作ります


スポンサードリンク

 

自己紹介と本ブログのコンテンツとプライバシーポリシー

レシピ 低温蒸しの鶏肉でチキンバジルトマトソース

この記事をシェアする

最近、鶏肉の低温蒸しにハマっています。低温無視した鶏肉をさっと炙ってトマトバジルソースをかけたものが美味しかったので紹介します。

f:id:take--chan:20180922235542j:plain

 

チキンバジルトマトソース

材料

鶏もも肉     2-3枚

トマト缶詰    1個

玉ねぎみじん切り 玉ねぎ一個分

乾燥バジル    ひとつまみ

塩・胡椒     適量

鶏肉はまとめ買いが安い

f:id:take--chan:20180922235549j:plain

鶏肉は冷凍2kgパックが安いです。業務スーパーや肉のハナマサの場合、胸肉で2kg780円ぐらい、もも肉はブラジル産で880円ぐらい、国産で1380円ぐらいです。1380円というと高いと思いますが、100g換算にすると69円です。国産でこのお値段は嬉しい限りですね。2kgだと当然余りますが、生のまま再凍結させるより、低温蒸ししたあとで冷凍したほうが味の劣化がありません。ただ5合炊きの炊飯器で2kg処理するには3-4回回さないといけないので、手間はかかりませんが

1日がかりの仕事になってしまいます。

炊飯器で低温蒸し

f:id:take--chan:20180922235548j:plain

炊飯器の底に蒸し器用のすだれをひき、その上にざるをセットします。隙間に鶏肉を敷き詰めます。
蒸し器用のすだれの下に収まる程度に水かお湯を入れ、保温モードにセットして蓋を締めます。
あとは2時間ほっておけば低温蒸しの出来上がりです。

f:id:take--chan:20180922235545j:plain

ちゃんと肉が白くなって、火が通っていることがわかります。下の方には肉汁が溜まっています。これを集めると美味しいスープが出来ます。

f:id:take--chan:20180922235543j:plain

蒸し上がった鶏肉はこんな感じです。

トマトバジルソースを作る

f:id:take--chan:20180922235547j:plain

玉ねぎ一個をみじん切りにして、オリーブオイルを敷いたフライパンで炒めてゆきます。全体が透明になったらトマト缶を投入し、少し煮詰めます。

f:id:take--chan:20180922235546j:plain

汁けがなくなってきたら、塩、胡椒で味付けをして、乾燥バジルを投入すれば出来上がりです。

鶏肉は火が通っていますので、一口大に切った後は、オリーブオイルを敷いたフライパンで、高温でさっと炙って、表面に焼き色をつければ完成です。鶏肉って火が通りにくくて、長時間火を加え続けなければいけないのですが、予め低温蒸しで火を通しておくことで後工程が非常に楽になります。

完成

f:id:take--chan:20180922235541j:plain

焼いたチキンの上にトマトバジルソースをかければ出来上がりです。なんとなくイタリアンテイストな感じのおかずです。粉チーズをかけても美味しいですよ。

その他のレシピ記事 

 

www.take--chan.tokyo

www.take--chan.tokyo

www.take--chan.tokyo