今日のごはんは何にしようかな 

飲み歩きと食べ歩き たまに料理を作ります


スポンサードリンク

 

自己紹介と本ブログのコンテンツとプライバシーポリシー

レシピ おからハンバーグ

この記事をシェアする

ごく普通のハンバーグですが、つなぎにパン粉の代わりにおからパウダーを使ったハンバーグです。グルテンフリー、糖質フリー、高蛋白になりますので、普通のハンバーグよりヘルシーです。

 

おからパウダー入りハンバーグ

材料 

合挽き肉    300g

冷凍みじん切り玉ねぎ 150g

おからパウダー 50gぐらい

卵       1個

塩       小さじ2

こしょう    小さじ1ぐらい

ナツメグ    小さじ1

作り方 

おからパウダーには水かぬるま湯を入れて、二の腕のぷにぷにぐらいの硬さになるようにします。大体100CCから150CCぐらいでちょうどよくなると思います。

材料を全部混ぜてこねる

玉ねぎは一度炒めたほうが香ばしくて美味しくなりますが、今回面倒だったので、いきなり凍ったままの玉ねぎを入れてしまいました。解凍して、余分な水分を絞ったほうが、あとで形を作るときにうまくいきますので、無精しない方はできれば炒めて、そうでなくとも予め解凍して余計な水気は絞ってください。

塩を入れて捏ねていると、肉から粘りが出てくるので、全体がうまく纏まってきます。おからもうまい具合に周りの水分を吸ってくれました。

小判型に形を作る

後は、食べやすい大きさに纏めて、フライパンで焼いてください。火の通りを考えると、厚さは2-3cmが良いと思います。焼いている間はフライパンに蓋をしておくと、材料から出た水分が水蒸気になって全体にむらなく火を通してくれますのでおすすめです。

今回はお箸で食べることを前提に、手のひらサイズで作りましたが、ナイフで切ることが前提でしたら、この倍ぐらいで良いと思いますし、オーブンで仕上げるのでしたら厚さが4cmぐらいのフットボール型にしても大丈夫です。

完成

出来上がりはこちら、見た目は普通のハンバーグと変わりません。食感は、おからが少し多めだったせいか、すこし肉汁感に乏しい感じになってしまいました。また、塩の分量を間違えて、多く入れてしまったため、ちょっとしょっぱい仕上がりになってしまいました。

塩分・水分調整の為のトマトソース煮込み

しょっぱいハンバーグを何とかするために、トマトソースで煮込んでみることにしました。このトマトソースの方には塩を入れていません。中身はトマトの缶詰一個、ピーマン2個、生マッシュルーム5個です。ピーマンとマッシュルームは薄切りにして、トマトの缶詰と10分ぐらい煮込みます。

その後、ハンバーグを入れて、更に15分ぐらい煮込みます。この間に、ハンバーグの塩分がトマトソースの方に溶け出してきました。

トマトソースハンバーグ完成

トマトソース煮込みしたハンバーグがこちら。塩っぱかったハンバーグの塩分がうまい具合にトマトソースに移って、ちょうどよい塩加減になっていました。ちょっとパサパサした感じだったハンバーグの食感も、ソースのおかげでしっとり滑らかになりました。既成のハンバーグの味変用としても、このトマトソース煮込みは手軽で良さそうです。

過去のレシピ 

www.take--chan.tokyo

www.take--chan.tokyo

www.take--chan.tokyo