たけちゃんのあんなことこんなこと

50代家族持ち♂が普段の出来事を気ままに書いています。基本コンテンツは レシピ 食レポ お散歩記事 その他小技 となっております。


スポンサードリンク

 

自己紹介と本ブログのコンテンツとプライバシーポリシー

食レポ よもだそばのインドカレー 本格南インド風

この記事をシェアする

今まで数回ご紹介しているよもだそばですが、そばと並ぶもう一つの看板であるカレーを食べてきました。

南インド風

 

毎度おなじみよもだそば 

よもだそば

もうすっかりおなじみになったよもだそば日本橋店です。場所は東京駅八重洲北口を出て徒歩8分ぐらい。住所は「東京都中央区日本橋2-1-20 八重洲仲通りビル1F」となります。

券売機

券売機

店内に入るとすぐ券売機が有りますので、食券を購入します。カレーは大きなボタンではないですが、右上の方に有りますね。カレーうどんと同じ食券ですので注意してください。

今回は右下のビールも購入しました。

カウンターに食券を出す時に「ライスですか」と聞かれますので、カレーライスだったら「ライスで」と答えましょう。

よもだカレーライス

インドカレー

今回、カレーが丁度無くなっていたので、補充を待つ必要があり、5分ほど待たされて提供されました。普段であればすぐに出てくると思います。

カレールーとご飯はほぼ半々、鳥の手羽元ときゅうりの漬物がついています。

ビールは缶ビールで提供

缶ビール

ビールはスーパードライの缶ビール(350ml)がそのまま提供されます。キンキンに冷えているのは嬉しいです。コップに注ぎたい場合は、お水用のコップを取ってきて使います。

ビールによく合う

こんな感じに、ビール+カレーになります。さあ、食べるぞ。

カレーはとろみが少なく、ホットな南インド風

南インド風

カレーは、一般的なお蕎麦屋さんのカレーとは異なり、とろみが少なく、スパイシーなカレーです。香辛料の香りはもちろん、チリ由来の辛さがかなり尖っているカレーです。「本格和風インドカレー」を謳っていますが、看板に偽りありません。ついでに言えば、香辛料の香りが優先の北インド風ではなく、辛さ優先の南インド風だと思います。南インドのカレーはとろみが殆ど無い、シャバシャバした感じになるので、それも南インド風を再現しています。

隠し味でそばつゆが入っているそうなのですが、そちらは注意して味わわないと気が付きませんでした。ただ、辛さの中に甘みは感じます。この甘みが蕎麦つゆ由来だったのかもしれません。

ビール

ビールにも、おつまみのきゅうりの漬物がついています。これはビールのツマミにしても良いし、カレーの付け合せの追加にしてもいいです。

いづれにせよ、かなり辛味の強いカレーですので、キンキンに冷えたビールが最高によく合います。

よもだそばのこだわり

よもだそばのこだわり

店内に掲示してある、「よもだそばのこだわり」カレーが自家製であることはよく分かりました。このカレーは業務用缶詰や市販のルーでは作れません。スパイス調合からお店でやっていると思いました。

 

実は、今日は僕の誕生日なんですが、誕生日のエントリーが立ち食いそばのカレーのレポなんて、僕らしくて思わず笑ってしまいます。

過去の食レポ 

www.take--chan.tokyo

www.take--chan.tokyo

www.take--chan.tokyo

 

// パンくずリスト表示