きょうのごはんは何にしようかな 

飲み歩きと食べ歩き たまに料理を作ります


スポンサードリンク

 

自己紹介と本ブログのコンテンツとプライバシーポリシー

せんべろ探検隊 鰻のおつまみで安く飲める鰻屋チェーン 宇奈とと 北千住店

この記事をシェアする

 以前も訪問したことの有る北千住の宇奈とと。チェーン店なので、他のせんべろ居酒屋がお休みの日曜日でも営業しています。せんべろ居酒屋並みにリーズナブルな値段でうなぎを中心としたおつまみでお酒を飲むことが出来ます。

www.take--chan.tokyo 

宇奈とと

 

宇奈とと 北千住店

宇奈ととは都内に11店舗、大阪に4店舗を構えるチェーンの鰻屋さんです。都内だと、神田、新橋、浅草と居酒屋激戦区に出店していますね。

www.unatoto.com

メニュー色々

ドリンクメニュー

メニュー

ドリンク類の値段は普通のチェーン居酒屋レベルですが、特徴的なのはビールがキャンペーン価格で中ジョッキ280円になっていること。前回も280円でしたので、長期キャンペーンになっているのだと思います。生ビールセット430円も150円相当のおつまみがセットになっていますので、生ビールは280円ですね。

おでん

f:id:take--chan:20171214233118j:plain

おでんもありますね。一品110円、五点盛り500円とこちらもお安い。

お得サイドメニュー

メニュー

こちらはうな重などのご飯物を頼んだ人がメインだと思いますが、肝吸いを頼むとサイドメニューが半額になるキャンペーンがあります。

串焼きは1本150円

メニュー

串焼きは1本150円のようです。

生ビール

生ビール

キャンペーン280円の生ビールはサントリーのザ・モルツでした。泡のキメも細かく、泡の比率も理想的です。見た目も美味そうなビールですね。サーバーの管理もきちんとやっているのだと思います。

ビールセット+倶利伽羅巻き+うなとろ

鰻山かけ

おつまみはビールセットについている骨の唐揚げと倶利伽羅巻きとうなとろという鰻関連のおつまみ3品です。

倶利伽羅巻き

倶利伽羅焼き

倶利伽羅巻きというのは、うなぎのヒレの部分の肉を串に巻きつけて焼いたものです。倶利伽羅というのは不動明王の化身で、外道の剣に巻き付いて外道の剣を封じた、伝説の龍のようですね。

串に巻き付いている様子を倶利伽羅に見立てているようです。

倶利伽羅巻きはタレと白焼きが選べるので、白焼きでお願いしました。白焼きだと鰻の淡白な味わいがよく出てきます。そして炭焼の香ばしさも引き立ちます。

うなとろ

鰻山かけ

うなとろは蒲焼きの鰻3切れに山芋のとろろを絡ませたものです。山芋のお陰でさっぱりとした味に仕上がっています。辛口の日本酒が合いそうですが、ビールでも美味しいです。

うなぎボーン

鰻ボーン

僕がこれを最初に食べたのは、小学生になる前に家族で行った浜名湖沿いの旅館でした。もうかれこれ50年前の話になります。

その後、なかなか食べる機会が無かったのですが、改めて食べてみると、パリパリと香ばしくて美味しいものですね。鰻っぽさはあんまりありませんが、おつまみとしては最適です。

 

晩酌セット

ビールを2杯飲んで、締めました。

宇奈ととにはひつまぶしもあるので、鰻茶漬があるとお腹も満足しそうな気がします。

お会計 

生ビールセット 430円
くりから 250円
うなとろ 450円
生ビール 280円
合計

1100円

食レポセレクション 

www.take--chan.tokyo

www.take--chan.tokyo