たけちゃんのあんなことこんなこと

50代家族持ち♂が普段の出来事を気ままに書いています。基本コンテンツは レシピ 食レポ お散歩記事 その他小技 となっております。


スポンサードリンク

 

自己紹介と本ブログのコンテンツとプライバシーポリシー

レシピ お麩をつなぎにしたおからハンバーグ

この記事をシェアする

今回のレシピは実はちょっと失敗作です。味は悪くなかったのですが、ハンバーグの形が維持できず、途中で割れてしまいました。

買ってきたコロッケと晩酌

 

おからハンバーグ 

材料 

おから 300g
合挽き肉 300g
玉ねぎ 1個
1個
お麩 一掴み
塩・胡椒 適量
① 昆布出汁の素 適量
② クミン・コリアンダー 適量

 

作り方 

おから

きっかけになったのは、スーパーでこのおからを見つけたことです。 300g入りのパックとなっていて、そのまま使えるということでした。

玉ねぎを炒める

玉ねぎ

最初にみじん切りにした玉ねぎを油で炒めます。透明になればOKですが、飴色になるまでじっくり炒めると玉ねぎの甘味が引き立ちます。

材料を混ぜ合わせる

お麩も投入

おからと水で戻したお麩、粗熱をとった玉ねぎ、卵、合挽き肉をよく混ぜ合わせて捏ねます。レシピではおからと肉を同量にしていますが、これを作ったときには肉がおからより大分少ない分量になっていたため、パサパサとしてしまい、よく固まりませんでした。肉はつなぎとしても作用しているんですね。

半分は昆布味、半分はクミン・コリアンダー味にする 

全部同じ味にしても飽きてしまいそうなので、半分は昆布味、もう半分はクミン・コリアンダー味にしてみました

昆布味

昆布出汁入り和風

半分は和風の昆布味にしてみました。粉末の昆布だしの素を大さじ2ぐらい入れて混ぜます。だしの素に塩分が入っていますので、塩は控えめ、ないし入れなくてもいいです。

クミン・コリアンダー味

クミンガラムマサラ入りスパイシー

残りはクミンパウダーとコリアンダーパウダーを入れて混ぜます。こちらは塩分がありませんので、塩を小さじ2ぐらい入れます。

形を作ってフライパンで焼く

焼く

手のひら大にまとめたら、フライパンにごま油をひいて、片面づつ焼いてゆきます。

おからが焼けてゆくと、香ばしいいい匂いがしてきます。

両面が焼けたら、弱火にして蓋をして、芯までじっくり火を通します。

完成

完成

 芯まで火が通れば完成です。

この時は肉が少なかったので、うまくまとまらず、真ん中で割れてしまいましたが、味の方は香ばしくて美味しく出来ました。

昆布味の方は和風の味に、クミン・コリアンダー味はエスニックな感じに仕上がりました。どちらもビールや酎ハイによく合う味になっています。

過去のレシピ 

www.take--chan.tokyo

www.take--chan.tokyo