今日のごはんは何にしようかな 

飲み歩きと食べ歩き たまに料理を作ります


スポンサードリンク

 

自己紹介と本ブログのコンテンツとプライバシーポリシー

食レポ 庶民的な台湾料理 台湾餃子曙橋店

この記事をシェアする

先日、曙橋で写真展が有りまして、帰りがけに近くにごはんを食べる場所がないか探していたら、こんな中華料理屋が有りました。

台湾餃子店

 

taiwangyouza-akebonobashi.owst.jp

 

台湾餃子店 曙橋店 

お店の名前は台湾餃子店曙橋店と言います。店名の付け方から、チェーン店かと思いきや、お店のホームページやぐるなびなどを見ているとどうやら独立系店舗の模様です。

晩酌セットのシステムが面白い

晩酌セット

最近、前菜+料理+飲み物で1000円前後の晩酌セットを提供する中華料理屋は多いですが、このお店、システムが面白いです。

前菜+飲み物=580円

一品料理+飲み物=780円

点心+飲み物=650円

前菜+点心+飲み物=800円

点心+料理+飲み物=880円

前菜+料理+飲み物=980円

前菜+料理+点心+飲み物=1280円

となっています。店主がよほど性格が細かいと見受けられますが、算数は得意でないようです。これだけの連立方程式だと、それぞれの単価は算定できるはずですが、そこここで破綻してしまいます。

僕だったら、単価を決めて、加算した後で割引率をかけて値段を決めるようにしたと思うのですが、どうもそうでは無いです。特に前菜+料理+飲み物=980円が明らかに高いです。

生ビール

生ビール

晩酌セットなので、最初にビールが出てきます。銘柄はスーパードライ。写真を撮っている間にも泡がだんだん潰れてきてしまうので、ジョッキの管理はあまり良くないようです。

その他メニュー 

f:id:take--chan:20180219232012j:plain
メニュー
f:id:take--chan:20180219232015j:plain
メニュー

グランドメニューはかなりの品数があります。 肉類、魚類、野菜類、スープ、点心、デザートと、中華料理の基本コースを押さえています。台湾料理と言いつつ、四川料理が有るので、シェフが四川料理屋で働いていたか、四川から台湾に渡ったシェフ一家が日本に来た感じなのでしょうか。フロアにいた女将さんは台湾人っぽい感じでした。

レバニラ炒め

レバニラ炒め

あまり台湾料理っぽくはないのですが、メインはレバニラ炒めにしました。柔らかく甘辛く味がついたレバーに、シャキシャキのもやしがよく合います。

棒餃子

棒餃子

点心は台湾らしくと言うことで、水餃子か棒餃子か迷いましたが棒餃子にしました。棒餃子は鍋貼という名前で台湾でも専門店チェーンがあります。台湾のファストフードとして浸透しています。

味はまさしく懐かしい鍋貼の味。醤油・お酢・辣油の組み合わせではなく、台湾の鍋貼屋で出てくるちょっと甘辛いタレにつけて食べたかったです。

ビールはキャンペーン価格290円

晩酌セット

おかずが結構ボリューミーだったため、ビールが途中でなくなってしまい、お代わりしてしまいました。ビールはキャンペーン価格で290円でした。いつまで続くかは分かりません。

10人以上で予約すると北京ダック一羽無料

10人以上で北京ダック一羽サービス

お店の外にポスターが貼ってあったのですが、10人以上で宴会の予約をすると、北京ダック一羽サービスになるそうです。おそらく北京ダック1羽は4000円前後と思われるので、かなりのサービスです。

お店の情報 

www.hotpepper.jp

過去の食レポ(中華) 

www.take--chan.tokyo

www.take--chan.tokyo

www.take--chan.tokyo