たけちゃんのあんなことこんなこと

50代家族持ち♂が普段の出来事を気ままに書いています。基本コンテンツは レシピ 食レポ お散歩記事 その他小技 となっております。


スポンサードリンク

 

自己紹介と本ブログのコンテンツとプライバシーポリシー

食レポ セブンプレミアムの台湾麺線と担々麺

この記事をシェアする

最近、セブンプレミアムで色々なカップ麺の新作が出ています。

今回新製品で台湾麺線が出ていたので買ってみました。

台湾麺線

スープはかなり台湾麺線のイメージに近かったです。

 

新作カップ麺色々

大々的に販売

セブンイレブンの店頭に新作カップ麺が山積みにディスプレイされていました。台湾麺線の他に中本の蒙古担々麺なんかもあります。

台湾麺線は最初は通販のオムニ7からスタート、その後イトーヨーカドーに展開されましたが、最近セブンイレブンにも展開されるようになったようです。

台湾麺線

 

台湾麺線は税込み149円とちょっと高めです

ラベル

ラベル

ラベルは特にこれと言った特徴はありません。かつおだしとろみスープというのは台湾麺線の基本ですね。

材料やカロリー

ラベル

材料にパクチーと書いてあります。香菜の香りも台湾麺線には欠かせませんね。本当は鶏肉ではなく、豚モツを入れて欲しいところでしたが、しょうがなかったのかな。

カロリーは215kcalとかなり少なめです。おやつでも良さそう。夜市料理ですからね。

カップデザイン

f:id:take--chan:20170221221912j:plain

カップデザインも普通にカップヌードルのデザインです。パクチーの文字が目立ちますね。

開封

開封

蓋をあけると、カップの半分ぐらいに麺と粉末スープ、かやくが入っています。

 

熱湯を上の線のところまで入れて、5分待ちます。待ち時間も普通のカップヌードルより少し長めです。

完成

出来上がり

見た感じは普通のカップラーメンという感じになっています。スープの香りはかつおの匂いが漂い、台湾麺線のイメージが出ています。パクチーの香りはさほど強くはありませんが、しっかり香っています。

実食

f:id:take--chan:20170221222019j:plain

台湾麺線は箸でつかめないほどグズグズになってしまうものなのですが、これは麺のコシはそこそこあります。でも、ラーメンに比べると柔らかく、そうめんぐらいの感じです。麺線の食感を出そうと苦労した感じはします。

出来上がり

スープのカツオの味ととろみが程よく、食べているうちにだんだん麺線を食べている感じになってきました。

担々麺

215kcalではちょっと足らない感じだったので、もう一個担々麺も食べました。これはレギュラーシリーズで税込み98円です。

ラベル

ラベル

ラベルは非常にシンプルですね。

カロリーなど

ラベル

こちらカロリーは348kcal。普通のカップラーメンのカロリー値になっています。

開封

開封

蓋をあけると、辛味噌の液体スープのみ小袋に入っていて、粉末スープやかやくはそのまま麺の上に乗っています。麺はカップの7分目ぐらいまで入っており、台湾麺線より量が多いです。

 

辛味噌

小袋の辛味噌液体スープをカップにあけ、熱湯を注ぎ、3分待ちます。カップラーメンの標準です。

完成

出来上がり

出来上がりの感じはごく普通のカップラーメン。スープは少し辛いですが、そんなに辛味は強くありません。

感心したのは山椒の香りと刺激がしっかり有るところ。スープを全部飲むと、舌が少ししびれた感じになります。

出来上がり

98円にしては意外と本格的な担々麺でした。

 

過去の食レポ 

www.take--chan.tokyo 

www.take--chan.tokyo

 

 

// パンくずリスト表示