今日のごはんは何にしようかな 

飲み歩きと食べ歩き たまに料理を作ります


スポンサードリンク

 

自己紹介と本ブログのコンテンツとプライバシーポリシー

せんべろ探検隊 野毛の飲み屋はやっぱり立ち呑みぴんぴん

この記事をシェアする

日曜日の夕方から、横浜に用事があったので、時間調整で立ち飲み屋に行きました。何軒か物色したのですが、落ち着いた先は結局立ち呑みぴんぴんでした。

ぴんぴん外観

 

立ち呑みぴんぴん 

最初は桜木町駅前のぴおシティの地下街の中で飲もうと思っていたのですが、午後4時頃についた時にはどのお店もほぼ満席でした。そこで、野毛に繰り出したものの、まだ開いていない店や、行列のできている店などばかりで、イマイチしっくり来ません。

結局、以前も来たことのある立ち呑みぴんぴんに入ることにしました。

ぴんぴん外観

このお店は、店の外にメインメニューは値段付きで掲示されており、入る場所さえあれば安心感があります。中を覗いたところ、数人の方が飲んでいましたが、まだ数人分の隙間がありました。

生ビール

生ビール

このお店は、ビールが300円と安めなのが特徴です。早速生ビールをオーダーしました。ちょっと泡が多めな気もしましたが、温度管理はしっかりされており、おいしいビールです。

ぶつぶつ

ぶつぶつ

タコブツとまぐろブツがそれぞれ300円なのですが、まぐろブツとタコブツがハーフハーフになっているぶつぶつが400円だったので、それを頼みました。まぐろブツが多めですので、多分別々に頼んだものの2/3より多いのではないかと思います。お得メニューだと思いますよ。

酎ハイ

酎ハイ

酎ハイ・レモンハイなどは、ワンショット300円、焼酎ダブルで500円です。ワンショットでも結構濃い酎ハイでした。

写真は一口飲んじゃっていますが、出てきた時はちゃんとフチまで酎ハイが入っています。

お会計 

生ビール 300円
ぶつぶつ 400円
酎ハイ 300円
合計 1000円

つまみ一品、お酒2杯で1000円ですので、ちゃんとせんべろになっています。

 

都橋

店を出ると黄昏の都橋商店街、この中のお店でサックリ飲むのもいいと思うのですが、いかんせん店の数が多すぎてどこに入ればよいかわからないんですよね。

前回訪問した時の記事はこちら 

www.take--chan.tokyo

その他のせんべろ探検隊  

www.take--chan.tokyo

www.take--chan.tokyo

www.take--chan.tokyo