たけちゃんのあんなことこんなこと

50代家族持ち♂が普段の出来事を気ままに書いています。基本コンテンツは レシピ 食レポ お散歩記事 その他小技 となっております。


スポンサードリンク

 

自己紹介と本ブログのコンテンツとプライバシーポリシー

せんべろ探検隊 野毛 立ち飲みぴんぴん

この記事をシェアする

野毛、せんべろで検索をかけると、最初に出てくるほどの有名店に行ってきました。

都橋

 

立呑みぴんぴん 

 お店は野毛中央通り沿い、桜木町駅からだと横浜石油桜木町ビルの角から野毛方面に入って野毛中央通りにぶつかったところです。

外観

ぴんぴん外観

とても年季の入った素敵な建物。建物の外壁にはメニューが貼り出されているので、予算を見積もるのも簡単です。

ぴんぴん入り口

店内

ぴんぴん店内

店内もこれでもかと言うほどメニューを書かれた紙片が貼り付けられています。これが厨房の奥の棚となり、厨房と客席はカウンターで仕切られています。カウンターには10人ぐらい立てるでしょうか。

まずはビール

生ビール

外のメニューでビールが安いことを確認したので、いつもの酎ハイではなく、ビールにしました。どっしりとしたジョッキになみなみと注がれて出てきます。

ぶたかつ

豚カツソース

この店の看板メニューでもあるぶたかつです。とんかつではありません。見た目も味も一口カツです。脂の少ない肉を柔らかく揚げてあります。

ソースはとんかつソースと味噌ソースが選べますが、これはとんかつソースです。

手羽先

手羽先

もう一つの看板メニューである手羽先。特性のタレで漬け込まれているものを焼いてくれます。甘辛いタレが焼けて香ばしくなっています。皮がパリパリです。

お会計 

生ビール 300円
ぶたかつ 300円
手羽先 150円
合計 750円

 

関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 桜木町駅日ノ出町駅馬車道駅

 

帰りは京浜急行の日の出町の方角に歩いてゆきました。野毛と日の出町の間に広がる雑多な町並みを歩くのは結構好きです。

こんな映画館とか

光音座

今はすっかり少なくなってしまったミュージックホールなんかが軒を連ねています。

ロック座

更には 場外馬券場なんかも有りますので、すっかり昭和の歓楽街の様相です。時間と予算さえ許せば、立呑み居酒屋、バー、洋食屋、焼肉屋とバラエティ豊かなエリアですので、昼前から始めて夜までゆっくり楽しむことができると思います。どのお店も基本的にお一人様歓迎ですので、飛び込みで行っても大丈夫です。

過去のせんべろ探検隊 

www.take--chan.tokyo

www.take--chan.tokyo

 

// パンくずリスト表示