きょうのごはんは何にしようかな 

飲み歩きと食べ歩き たまに料理を作ります


スポンサードリンク

 

自己紹介と本ブログのコンテンツとプライバシーポリシー

せんべろ探検隊 2軒目は角打ち 中村屋丸康酒店 @日暮里

この記事をシェアする

 日暮里はある意味危険な街かもしれません。安い洋服屋があって、安い居酒屋があって、遅くまでやっている角打ちがあります。ラーメン屋さんもカレー屋さんも安いです。

お金がなくなると、メガバンクのATMが全て徒歩5分圏内にあるので、お金がなくなってもすぐに下ろしてこれます。

 

2軒めに中村屋丸康酒店 

この日も、日暮里の居酒屋で飲んでいて、そのまま帰ろうと思っていたのですが、足の向かう先はロータリーの向かい側‥‥

中村屋丸康酒店

このお店、入って右側の一角が独立した角打ちエリアになっていて、ちょっとした立飲み居酒屋の規模があります。それでいて、お値段は角打ち価格という美味しいお店です。

メニュー

店内メニュー

お酒類は1杯270円から400円、おつまみは缶詰と乾き物メインですが、調理場で調理したおつまみも300-400円で7-8品ありますので、居酒屋気分でガッツリ飲むこともできます。

ただし、泥酔したり、他のお客様に絡むようになったら退店させますという張り紙もありました。

日暮里カップ

日暮里カップ

2軒目でしたので、頼んだのはワンカップの日本酒とちーかま。カップ酒が310円、ちーかまが100円で410円でした。

このお酒、日暮里の冠がありますが、作っているのは滋賀県の太田酒造。道灌を出している蔵元です。にっぽりではなくひぐれのさとと読むのだとか。でも、日暮里の酒屋さんが蔵元に頼んで作ってもらったブランドのようです。特別純米・山廃仕込みと、キチンと作ったお酒。少し辛口のスッキリした飲みくちで、僕好みのお酒でした。

www.asahi.com

田酒の南部せんべい

もう一つのおつまみは青森の蔵元、田酒が作った南部せんべい。

田酒せんべい

南部せんべいは元々小麦粉で作るのですが、このおせんべいには田酒の吟醸酒を作る時にお米を磨く過程で出来た米粉を一緒に練り込んでいる生地で作られています。

田酒せんべい

見た目は普通のごまの南部せんべいですが、心なし歯ざわりが軽いような気がしました。ほんのりした塩味で、お酒が進みます。

今日は、2軒目なので、これぐらいにしておきましょう。一軒目で入って料理も食べた時の記事はこんな感じになっています。

www.take--chan.tokyo

このお店、 夜10時半までやっていますので、(土曜は9時半まで、日曜祝日は休み)二軒目酒場としても使えちゃうんです。

便利すぎて困っちゃう、日暮里からお送りしました。

関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 日暮里駅西日暮里駅三河島駅

 

ちなみに

f:id:take--chan:20180206161954p:plain

昨日でブログ日数が500日を越えたようです。これからもマイペースでやっていきますのでよろしくお願いします。

他にも日暮里のお店は沢山 

www.take--chan.tokyo

www.take--chan.tokyo

www.take--chan.tokyo