今日のごはんは何にしようかな 

飲み歩きと食べ歩き たまに料理を作ります


スポンサードリンク

 

自己紹介と本ブログのコンテンツとプライバシーポリシー

食レポ 再開発でしばらくお休み 金町餃子

この記事をシェアする

ネットで金町駅南口再開発の為に、飲食店街が軒並み3月半ばで営業休止と情報を得ました。以前訪問した金町餃子も3月15日で営業中止という情報でしたので、休止前に訪問してきました。 

www.take--chan.tokyo 

金町餃子

金町餃子 

金町餃子は金町駅南口を出てすぐにあった、中国人のお母さんが切り盛りする餃子とラーメンのお店です。 手作り餃子は安くて美味しいという定評があります。

一時閉店のお知らせ

一時休業告知

店の前や店内に張り出してあった一時閉店のお知らせ。6月頃仮店舗で営業再開と書いてありますが、まだ場所が決まっていない様子。閉店ではなくて一時休業なので安心ですけど、まだ仮店舗の場所が決まっていないのは心配です。

メニュー

メニュー

メニューは店内に短冊で貼ってありますが、この日はしばしの別れを惜しむ常連客が大挙して来店して、ほぼ満席状態だったため、店内写真が撮れませんでした。代わりに店外に貼ってあったメニューです。

基本的にはメニューは餃子とラーメン。餃子は水餃子か焼餃子。ラーメンは汁ありとつけ麺という単純な構成です。

券売機

食券販売機

注文は食券を厨房に出すスタイルになっています。メニューが単純なので、食券も簡単に見つかります。最上段には焼餃子、水餃子、ラーメン、つけ麺が並んでいます。

紹興酒

紹興酒

紹興酒は小さめのコップになみなみと入っています。紹興酒だからなのか、1杯目なのかは分かりませんが、つきだしでピリ辛もやしがついています。これが紹興酒によく合います。

水餃子 

水餃子

前回は焼餃子だったので、今回は水餃子にしました。中国では実は焼餃子というものはなくて、餃子といえば水餃子です。お店の推しもむしろ水餃子のようです。

こだわり餃子

皮はここに書かれているように厚めでモチモチツルツル。本場の味です。

水餃子

10種類の具材が融合された餡。美味しゅうございました。

つけそば

中華つけ蕎麦

ラーメンも今回はつけそばにしてみました。つけ麺と言うよりつけそば。お皿にもザルが敷かれていて、ざる中華のイメージです。具材はラーメンと一緒で、チャーシュー、メンマと海苔。でもチャーシューは細かく切ってあります。

中華つけ蕎麦

麺は自家製麺の細麺で、シコシコツルツル。冷水で締めているのをそのままではなく、熱盛りにしてくれています。

スープ

スープはラーメンのスープより濃い目。香りも魚介の香りがラーメンより強いような感じがしました。ベースは同じだと思うのですが、なにか足しているのかも知れません。

ウーロンハイ

ウーロンハイ

2杯めはウーロンハイを頼みました。かなり焼酎濃い目の下町仕様でした。つけそばとウーロンハイというのもなかなか良いものです。

店内写真(2017年5月撮影)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/t/take--chan/20170426/20170426220249.jpg

今回は満席で店内写真を撮れなかったので、前回訪問時に撮影した写真ですが、店内の感じは変わっていませんでした。このレトロな感じの店内は見納めとなってしまいました。

お会計 

紹興酒 350円
水餃子 290円
中華つけ蕎麦 390円
ウーロンハイ 330円
合計 1360円

良心的なお値段はそのままでした。 

金町南口再開発計画

再開発予定地

3月15日で閉店というのは、ギリギリまで粘った結果という事のようですね。3月半ばでこの地帯一体が閉鎖されることになっていて、新しく高層ビルに生まれ変わります。新ビルは2021年春に出来るそうです。

再開発予定地

ここらへんも再開発予定地。既に撤収が済んでいて無人になっていました。

再開発予定地

こんな味のある建物もなくなってしまいます。なんか寂しいです。

再開発計画についての記事

katsushika-tsushin.com

過去の食レポちょい飲み記事 

www.take--chan.tokyo

www.take--chan.tokyo

www.take--chan.tokyo