きょうのごはんは何にしようかな 

飲み歩きと食べ歩き たまに料理を作ります


スポンサードリンク

 

自己紹介と本ブログのコンテンツとプライバシーポリシー

食レポ レトロな喫茶店 ジャン@鶯谷

この記事をシェアする

鶯谷で喫茶店というと、グラパンのデンが有名ですが、他にも良い感じの喫茶店があります。

外観

 

コーヒー店ジャン 

外観

場所は喫茶デンから歩いて五分もかからない、金杉通り沿い、入谷駅からも一本道でたどり着ける場所です。店外の表示では60年以上やっている店なのだそうです。

店名にも、喫茶ではなく、コーヒー店と書いて有ることから、コーヒーがメインのお店のようですね。

メニュー

メニュー

メニューはやはりコーヒーメイン。クラシックな店には珍しく、カフェマキアートやラテマキアートがあります。

メニュー

食べ物はサンドイッチとケーキ、それから自家製のパンがあります。どのメニューも300円から400円と良心的な価格になっています。

店内

店内

店内はカウンターに2人がけ、4人がけのテーブルがあって、20人ぐらいは入れる広さがあります。ところが、店内はマスターが一人で切り盛りしており、コーヒーもサンドイッチも丁寧に時間をかけて作っているため、注文が3組ぐらい溜まってしまうと、新しい来店を断ってしまいます。この為、半分以上の席が埋まることは多分無いのではないかと思います。

店内

コーヒーとサンドイッチ

コーヒーとサンドイッチ

頼んだのはブレンドコーヒーとサンドイッチです。サンドイッチはハム・玉子・ポテト・いちごジャム・りんごジャム・バターとあります。半分づつにして2種類にすることも可能です。僕は玉子とハムにしました。

パンは8枚切りのものをトースターで軽くトーストしてから、バターをつけてからフィリングを入れてくれます。半分づつにした場合は、パンの上に半分づつフィリングを乗せてから切るようで、切れ目周辺は両方の味が混ざって楽しめます。

コーヒー

コーヒー

コーヒーはサイホンで一杯づつ時間をかけて淹れてくれます。コーヒー一杯入れるのに10分近くかけているという丁寧な作業です。

雑味がなく、酸味と苦味のバランスが良い、美味しいコーヒーです。冷めても不味くならないのが良いです。

サンドイッチ

たまごサンド

サンドイッチ

サンドイッチはパンの焼き加減とトーストの焼き加減が絶妙で、表面はサクサク、中はふわふわでした。玉子は粗みじんのゆで卵にマヨネーズをざっくり混ぜてあるものです。

ハムサンド

サンドイッチ

ハムサンドはちょっと厚切りに切ったロースハムが挟んでありました。サラダ菜が敷いてあり、辛子マヨネーズが塗ってあります。味と香りと舌触りのバランスがとても良いです。

店内がそんなに混まない事もあり、このお店に入った途端に流れる時間がゆっくりになったような感じがしました。テレビの高校女子サッカーの試合進行だけが時間を刻んでいるのですが、店内は別の時間軸で時間を刻んでいるような感じがしました。

近所も良い場所です

f:id:take--chan:20180108163807j:plain

お店の近所にはこんなおせんべい屋さんや

 小野照崎神社

ちょっと大きめの神社などがあります。

下谷七福神のうち、毘沙門天、大黒天、福禄寿はすぐ近くにありますので、ちょっとお散歩するのも良いですね。

泰寿院
毘沙門天のある法昌寺には緋寒桜が咲き始めていました。

ジァン

関連ランキング:喫茶店 | 入谷駅鶯谷駅

今までの食レポ記事 

www.take--chan.tokyo

www.take--chan.tokyo

www.take--chan.tokyo