今日のごはんは何にしようかな 

飲み歩きと食べ歩き たまに料理を作ります


スポンサードリンク

 

自己紹介と本ブログのコンテンツとプライバシーポリシー

レシピ おから入りのいももち

この記事をシェアする

北海道民のソウルフードのいももち。僕は道民ではないので「なんじゃこりゃ」という代物かもしれませんが、じゃがいも中心のお焼きみたいな感じで作りました。

完成

 

 

材料 

じゃがいも 3個
長芋 10cmぐらい
おから粉 100g
片栗粉 大さじ2
コーンビーフ 100g
溶けるチーズ 70gぐらい
牛乳(豆乳) 50-100CC
塩・胡椒 適量

作り方

マッシュポテトを作る

じゃが芋

じゃがいもと長芋は皮をむき、鍋で茹でます。なるべくしっかり茹でたほうが、その後で潰す時に楽です。

茹で上がったら茹で汁を捨てて、ポテトマッシャーで潰します。

おから粉、片栗粉、コーンビーフ、溶けるチーズ、牛乳(豆乳)を混ぜる

マッシュポテトが出来たら、ほぐしたコーンビーフ、片栗粉、おから粉、溶けるチーズを混ぜて捏ねてみます。

おから

このままだと、おそらくポロポロな感じになっていると思いますので、牛乳を入れて、手でまとめられるぐらいの固さに仕上げてゆきます。牛乳の代わりに豆乳にするとよりさっぱりした味になります。水だと味にコクが出ないようです。

また、ここで塩・胡椒を入れて味も整えてゆきます。

この段階で食べられない食材は無いので、味見をしながら味を決めていったほうが安全です。

牛乳の量ですが、少なすぎると焼いている最中に崩れてしまいますし。多すぎるとまとまらなくなってしまいますので、固さを見ながら少しづつ加えてゆくのが良いと思います。

焼く

焼いているところ

フライパンにオリーブオイルかごま油をひいて。中火で両面がこんがりとした焼き色がつくまで焼いてゆきます。火が通らないといけない食材はないですので、色目がついて、中まで温かくなったら出来上がりとなります。

完成

完成

こんがりとついた焼き色が食欲をそそります。コンビーフとチーズとポテトの組み合わせは王道ですので、まず失敗しないと思います。ビールのつまみに最適なおかずになると思います。

過去のレシピ 

 

www.take--chan.tokyo

www.take--chan.tokyo