たけちゃんのあんなことこんなこと

50代家族持ち♂が普段の出来事を気ままに書いています。基本コンテンツは レシピ 食レポ お散歩記事 その他小技 となっております。


スポンサードリンク

 

自己紹介と本ブログのコンテンツとプライバシーポリシー

せんべろ探検隊 蔵前の角打ち 下町ハイボールもある 酒のフタバ 

この記事をシェアする

このお店、数ある角打ちの中でも上位にランクイン出来るのではないでしょうか

外観

 

酒のフタバ 

看板

酒のフタバは、蔵前にある角打ち酒屋さん。角打ちは夕方5時から10時までの営業。角打ちとしては遅くまでやっている方です。

場所は大江戸線の蔵前からすぐ、浅草線の蔵前から徒歩5分ぐらい、御徒町からだと徒歩15分ぐらいです。場所柄、地元の人が多いんだと思いますが、通りがかりの人や初めての人も多そうでした。

お店システム

まずはビール

ハートランド

入店したらまずはビール。最近わかったことは、角打ちのビールは美味しいと言うことです。生ビールの味って、ビールそのものもさることながら、サーバーの管理やグラスの管理でかなり味が左右されます。角打ちのお店は、お酒を売らなくてはいけない酒屋さんですので、ベストの状態でお酒を出せるように器具やグラスを管理されています。

という訳で、ただでさえ美味しいハートランドがベストの状態で提供されますのでまずい訳がありません。

おつまみ色々

メニュー

メニュー

角打ちにしてはメニューが豊富なのもこのお店の特徴です。焼きそばやパスタなど、お店で調理しているメニューも豊富なので、最早居酒屋と言っても良いほどです。この近辺、上野の村田屋と言い、メニュー豊富でゆっくり飲める角打ちが多いので嬉しいですね。

店内

店内

店内は6人ぐらいで囲める立呑みテーブルが4脚と壁沿いにカウンター席で全部で30人以上は入れるキャパが有ります。テーブルもゆったりと配置してあります。壁沿いの棚には角打ち用の焼酎とリキュール類がズラリ。ウイスキーや本格焼酎も一杯300円~500円です。

日本酒冷蔵庫

日本酒は冷蔵庫で保管されています。角打ち用の銘柄は一杯300円から500円。その他の銘柄はボトル売りで、一本あたり追加料金500円で角打ちで飲めるようになります。

マスタードソースハンバーグ

ハンバーグ

おつまみメニューの中から、お腹にたまりそうなハンバーグをチョイス。これがなかなか本格的な一品でした。ソースはクリームソースですが、細かく切ったベーコンが香りと食感にいい味を出しています。マッシュルームか、ひょっとしてポルチーニ?きのこもいい香りです。そしてお肉も美味しい。これが角打ちのおつまみで出てくるのがビックリです。

下町ハイボールも飲める

天羽の梅酎ハイ

元祖焼酎ハイボールと書いてありますが、キンミヤ焼酎を天羽の梅と炭酸で割る、いわゆる下町ハイボールが飲めるのもポイントが高いです。

元祖焼酎ハイボール

天羽の梅酎ハイ

注文をすると、ナカとソト別々に出してくれます。でも炭酸を入れるとちょっとだけ余るぐらいなので、ホッピーみたいにソト1ナカ2で飲むわけではありません。

f:id:take--chan:20170811220556j:plain

味は甘味控えめな下町ハイボール。同じ焼酎、同じ割り材なのに店によって味が少しづつ違うのが面白いです。

濃厚なハンバーグとの味の組み合わせも抜群でした。

お会計 

ハートランド生 320円
マスタードソースハンバーグ 380円
元祖焼酎ハイボール 300円
合計 1000円

ちょうどせんべろでした。

 

過去のせんべろ探検隊(特に角打ち)

www.take--chan.tokyo

www.take--chan.tokyo

 

// パンくずリスト表示