たけちゃんのあんなことこんなこと

50代家族持ち♂が普段の出来事を気ままに書いています。基本コンテンツは レシピ 食レポ お散歩記事 その他小技 となっております。


スポンサードリンク

 

自己紹介と本ブログのコンテンツとプライバシーポリシー

せんべろ探検隊 北関東メニューに特化した晩杯屋ファンデス上野店

この記事をシェアする

最近、店舗拡大にとどまるところの知らない晩杯屋ですが、他の店とは一線を画した、変わった晩杯屋を見つけたので紹介します。

晩杯屋看板

 

”北関東”メニュー特化 晩杯屋ファンデス上野店

現在、晩杯屋チェーンは立ち飲み屋、居酒屋形態、ステーキ屋と全部で35店になりました。ステーキ屋の2店は別業態ですが、その他の32店舗のメニューは基本的には一緒です。

そんな中、一店だけ他店と違うメニュー展開しているお店がありました。 

北関東グルメ

看板やエレベーター上のサインを見ても、「北関東グルメ」とか、「北関東ふるさと」とか、他店にはないこだわりの表現があります。

北関東特別メニュー

北関東料理

店員さんに聞いたところ、晩杯屋チェーンの社長が群馬県出身で、北関東には並々ならぬ思い入れがあるのだとか。それで北関東の玄関口である上野駅至近のこのお店では、特別なメニュー展開をしているのだそうです。

f:id:take--chan:20170821234829j:plain

各県対決

最近の開店で多い座れる晩杯屋の特徴であるタブレットのメニュー端末でもトップページからすぐに上記の群馬県・栃木県・茨城県の特製メニューに飛ぶ画面に入れます。

群馬県メニュー

メニュー

しいたけや舞茸、そしてこんにゃくは群馬県の特産です。ベスピオというのは群馬県のソウルフードのスパゲティなのだとか。

栃木県メニュー

メニュー

栃木市に本社とミュージアムのある岩下の新生姜がしっかり栃木特産としてエントリー。宇都宮の餃子が揚げ餃子として登場しています。いもフライは栃木県のソウルフードです。

茨城県メニュー

メニュー

唯一海のある茨城県からは、鰹の刺身がエントリー。しかし、納豆料理のバラエティの多さに圧倒されます。乾燥芋も茨城県のソウルフードです。

ゴールデン酎ハイと舞茸天ぷら

舞茸天ぷら

今回は飲み物はゴールデン酎ハイ。スッキリとしたのみ口で何杯でも飲めてしまいます。

舞茸天ぷらは、カリカリサクサクの食感で、酎ハイとの相性も抜群です。

岩下の新生姜

岩下の新生姜

栃木県メニューからは岩下の新生姜。結構たっぷり入っています。これが150円は結構お得かも。

ちなみに岩下の新生姜は、このお店だけではなく、全晩杯屋のグランドメニューに追加されています。

揚げ餃子

揚げ餃子

これは別の日に訪問した時に注文した揚げ餃子。普通の冷凍餃子を揚げたものですけど、それで良いんです。

もつ煮込み

もつ煮とゴールデン酎ハイ

なぜか群馬県料理に紛れ込んでいたもつ煮込み。他店は豆腐の有り無し、卵の有り無しで3種類のもつ煮込みがありますが、こちらは一番スタンダードな1種類のみです。

お食事メニュー

メニュー

今回注文しませんでしたが、シメのお食事も北関東食が色濃く出ています。

お会計 

ゴールデン酎ハイ 250円×2杯
岩下の新生姜 150円
舞茸の天ぷら 220円
もつ煮込み 150円
おしぼり 70円
合計 1090円

 

お値段は晩杯屋の標準的な感じで、高いメニューが混ざっているのを避けていれば1000円ちょっとで上がります。別の日に来た時は1020円でした。

晩杯屋のメニューに飽きた時には、こんなお店も面白いです。

過去のせんべろ探検隊 

www.take--chan.tokyo

www.take--chan.tokyo

www.take--chan.tokyo

 

// パンくずリスト表示