今日のごはんは何にしようかな 

飲み歩きと食べ歩き たまに料理を作ります


スポンサードリンク

 

自己紹介と本ブログのコンテンツとプライバシーポリシー

レシピ 生姜たっぷり中華粥

この記事をシェアする

寒い季節、温かいものを食べたい、でも寒い台所に立つのは面倒くさいと言うことはよくあります。

おかゆなら簡単に温かいものを食べることができます。しかもローカロリーです。

中華粥

 

お手軽中華粥 

材料 

鳥むね肉 1枚
長ネギ 1本
生姜 1かけ
中華スープの素 大さじ2
お米 1合

作り方 

葱と生姜は適当に刻みます 

材料

葱と生姜は適当に刻みます。あらみじん切りぐらいで大丈夫だと思います。お好みでみじん切りにしても問題ありません。

鶏胸肉を茹でる 

お湯500CC位を沸騰させ、適当にちぎった鶏胸肉を入れて、中心まで火が通るぐらいまで茹でます。

茹で上がったら、鶏肉は冷水にとって冷まします。茹で汁はお粥を炊く時のスープに使いますのでとっておきます。

お米を研ぐ

電気釜にセット

お米をざっくりと研いで、水を切ってから炊飯器に入れます。1合のお米って意外と少ないですね。これがおかゆにするとお釜いっぱいぐらいまで膨らんできます。

電気釜に最初に刻んだ葱と生姜、先程茹でた鶏肉を手で細かくほぐしたものを入れて、鶏肉を茹でたスープを注ぎます。水加減は、半粥から全粥までの間で好みで加減して下さい。これを見るとほぼ半粥の状態になっていますね。

電気釜にセット

中華スープの素を入れて、味見をして、ちょっと塩気が感じられるぐらいにしておきます。おかゆの場合、味が薄ければ後で塩か醤油を入れれば誤魔化せますが、しょっぱくなりすぎてしまうとお湯で味を薄めるしか無くなってしまいますので、少し薄めの味付けを狙ってゆきます。

これで、あとは電気釜をおかゆモードにセットして、炊飯スタートすれば出来上がりまで放っておいて大丈夫です。うちの機器の場合、炊きあがりまで1時間強の時間でした。

完成

完成

出来上がりはこんな感じ。半粥の水加減でしたが、結構しっかりとしたおかゆになっていました。

生姜の香りが食欲をそそり、体も温まります。

電気釜で炊いている間はこたつでぬくぬく待っていれば良いので、寒い台所で待つ必要が無いところも助かります。

お好みで大根などの野菜を追加しても良いと思いますよ。

過去のレシピ  

www.take--chan.tokyo

www.take--chan.tokyo