たけちゃんのあんなことこんなこと

50代家族持ち♂が普段の出来事を気ままに書いています。基本コンテンツは レシピ 食レポ お散歩記事 その他小技 となっております。


スポンサードリンク

 

自己紹介と本ブログのコンテンツとプライバシーポリシー

冷水浴で健康になりませんか

段々寒くなってきました。寒くなると、温かいこたつに入るのではなく、もっと冷たい冷水を浴びたくなってしまう天邪鬼な私です。

元々は、厳冬期の滝行をするときに、滝を前にビビらないようにはじめた冷水浴ですが、やってみたら結構良かったので紹介しようと思います。

但し、効果には個人差があり、また、危険を伴う人も居ますので、もし真似る人が居たら、自己責任でお願いします。

f:id:take--chan:20161027003209p:plain

(これは冷水浴ではなく滝行です) 

冷水浴の効果

ネットで見ていると、冷水浴にはいくつかの効果があると言われています。紹介記事はこちら

www.lifehacker.jp

これは、海外の記事の翻訳版。

10分以上冷水シャワーを浴びると低体温症になる危険性があるので、最高の効果をあげるには3〜5分間以内にしてくださいね!

って、低体温になるまで冷たいシャワーを浴び続けることはけっこう大変だと思います。大体低体温になる目安は

水温(℃)+1 (分)

と言われていますから、10℃の水だったら11分浴びていないといけません。それだけの時間は流石にキツイです。以前滝行で2℃の水に2分✕3回浴びたことがありますが、この時も低体温にはなりませんでした。もっと前に寒中水泳で5℃の水に10分入っていたことがありました。このときに自ら上がった時に動くことがすごく大変になったので、この時は低体温になりかけていたと思います。そこまで極端な事をする人はあまりいないと思いますので、普通は大丈夫だと思います。

こっちは別の紹介記事です。

minnakenko.jp

共通して謳われていて、自分でも実感しているのは

  1. 目が覚める 
  2. 免疫力が上がる
  3. ダイエットになる
  4. 肌が綺麗になる
  5. ポジティブな気持ちになる

でしょうか。

目が覚める

これは間違えありません。起き抜けのシャワーで冷水を浴びると、一瞬で目が冷めます。ただし、長い時間冷水を浴びると体温を戻すために体力を使うので、身体が温まったあとで逆に眠くなることがあります。

免疫力が上がる

こちらは効果に個人差が有るようです。僕の場合は、冬に冷水シャワーを浴びるようになってから、春先の花粉症の症状がかなり軽減されました(外出時にマスクが要らなくなる程度)これは、冷水浴によって副腎が刺激され、副腎皮質ホルモンの分泌が盛んになるからという事です。
ただ、知人で重度な花粉症の人でやはり冷水シャワーや寒中水泳をする人が居ますが、彼は花粉症軽減は無かったそうですので、個人差がかなり出る部分だと思います。効果があったら良いですね。あるかもしれませんよ。という程度。

ダイエットになる

これは、冷水浴の効果だけかどうか分かりませんが、僕の場合、基礎代謝が年齢相応よりもかなり大きい値になっていて、筋肉量も多めになっています。冷水浴と普段の歩行量が多めなのが奏効していると思います。(歩行量は平日は1万歩プラスアルファぐらいです)
冷水を浴びると、その後暫く身体が震えることがありますが、震える時に骨格筋が運動しています。この際に体内の糖分や脂肪が燃焼して熱にする働きをしています。低周波パッドを貼るのと同じことが出来るわけです。また、震えている時にで贅肉である白色脂肪細胞を燃焼しやすい褐色脂肪細胞に作り直すことで、体脂肪が燃焼しやすい体質になると言われています。僕の場合、BMI22弱、体脂肪率15-17%がキープできています。

肌が綺麗になる

冷水を浴びることによって毛穴が急速に締まりますので、お肌の引き締めに効果があります。冷水を浴びた後の肌はツルツルスベスベになっています。滝行の場合は天然ミネラル水の流れ落ちる滝の水を浴びますので、終了後は温泉に入った後より肌に張りが出てきます。

ポジティブな気持ちになる 

こちらも個人差が出る部分ですが、副腎皮質ホルモンが分泌される事と、寒冷刺激により自律神経の働きが活性化される事でポジティブな気分になれるそうです。もっとも、落ち込んだ時に冷たい水を浴びる気合が入るかどうかという問題はあります。

冷水の浴び方

これは、人によって色々なやり方があると思います。

お風呂から出る時に浴びる(初心者向け)

この方法なら、抵抗がないのではないでしょうか。お風呂から出る時、シャワーを水に切り替えて、30秒から1分ぐらい浴びます。最初は手や足の先から始めて、太腿、二の腕、背中、全身と浴びてゆきます。体の表面が冷たくなったところで終了です。最初は飛び上がるぐらい冷たいはずですが、30秒ぐらいで体が慣れてきます。

最初から冷水シャワーを浴びる(熟練者向け)

最初から水を浴びる場合は、浴び始める時に気合が必要です。そこまで気合がない場合は、ぬるま湯からはじめてみると良いと思います。こちらも浴び方としてはいきなり頭から浴びることはせずに、手や足の先から始めて、太腿、二の腕、背中、全身と浴びてゆきます。冬になって10℃以下の水になると、1-2分浴びると体が震えはじめ、ひょっとしたら歯がガタガタ言い始めるかもしれません。このときに、骨格筋が頑張って働いていますので、ここを耐えるとダイエットへの道がひらけます。水を長時間浴びているのに震えが逆に止まってしまったら、低体温症の可能性がありますので、震えている間に浴びるのをやめましょう。

冷水を浴び終わったら

普通にタオルで水気を拭い、服を着ます。服を着ると、信じられないくらい全身がポカポカしてくると思います。体中の筋肉が体温を戻そうと頑張って活動しているからです。このときに身体から熱がみなぎってくる感じが、人によっては快感になると思います(僕はこの瞬間がとても好きです)
温かい飲み物、スープとか甘酒を飲むと、温かさが身体に染み渡ります。

こんな人は要注意

高血圧の方、心臓疾患の有る方、発熱中の方などは、危険ですので、やらないで下さい。また、冷え性の方など、効果の出にくい方は居ますので、無理に続けるのもおやめ下さい。

 

 

滝行も良いですよ

 

www.take--chan.tokyo

 

 

www.take--chan.tokyo