読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たけちゃんのあんなことこんなこと

50代家族持ち♂が普段の出来事を気ままに書いています。基本コンテンツは レシピ 食レポ お散歩記事 その他小技 となっております。


スポンサードリンク

 

自己紹介と本ブログのコンテンツとプライバシーポリシー

沖縄旅行5 嘉手納と万座毛 お昼は基地内の「シーサイドリストランテ」


午前中に首里城を見学した後、北を目指しました。お昼は嘉手納基地近くのシーサイドレストランにしようということになっていました。

シーサイドリストランテ

find-travel.jp

 

f:id:take--chan:20160917234635j:plain

嘉手納基地沿いに走る国道58号線から、基地と反対側の海岸方向に曲がったところにあります。ここも米軍管理地内ですが、ゲートは常に開いていて、開放エリアとなっている場所です。米軍向けのバーベキュー場やビーチがある一角にあります。

f:id:take--chan:20160917234713j:plain

レストラン入り口から海を臨むと、ビーチで泳ぐ軍関係者と家族がいっぱい。日曜日でしたから、軍人も家族サービスなのでしょう。9月なので、日本人向けのビーチではもう泳いでいる人はいませんでしたが、米国人はまだまだ泳いでいます。海はまだ暖かそうでしたし、彼らは水温・気温が20℃ぐらいだったら泳ぎますから。

 

f:id:take--chan:20160917234758j:plain

間近には桟橋もあって、クルーザーで乗り付ける人もいそうです。

 

f:id:take--chan:20160917234825j:plain

海岸のテラス席は、こんな感じになっており、カルフォルニアのロングビーチに有るシーサイドレストランを彷彿とさせます。

 

f:id:take--chan:20160917234932p:plain

禁煙などのサインも全部英語です。

でも、店員は当然殆ど日本人で、日本語が普通に通じます。この雰囲気に飲まれてしまうと、逆に日本語が通じることに違和感を感じます。

客層も日曜日であったためか、米軍関係者が7割以上を占めます。

 

スターターとシーフードサラダ

f:id:take--chan:20160917235014j:plain

スターターのパンがとても美味しかったです。シーフードサラダもシーフードたっぷりでボリューミーでした。

チーズバーガー+アボカド・ベーコントッピング

f:id:take--chan:20160917235056j:plain

ハンバーガーはアメリカンスタイルに、ベーシックなチーズバーガーにトッピングをチョイスするスタイル。トッピングは1種類につき1ドルです(一部2ドルのトッピング有り)

味の方はパティが非常にスモーキーで、かつボリューミーでした。バーガーキングのワッパーがもっとボリューミーになってスモーキーになった感じでした。「ジ・アメリカン」って感じです。

ピザマルガリータ

f:id:take--chan:20160917235222j:plain

日本のイタリアンレストランだと、ピザマリゲリータって大抵薄焼きのクリスピーな生地なのですが、ここはやっぱりアメリカン。どっしりしたアメリカンピザでした。サイズもラージにしたら多分15インチサイズの巨大ピザが届きました。

さすがに完食することは出来ず、ピザの半分はドギーパックにしてもらいました。

お支払は米ドル、チップ必要と言われていたのですが、お会計したら、日本円に換算された金額に10%のサービス料(チップ相当)が加算された額を請求されました。きっとチップに不慣れな日本人客が多かったので、日本人向けはサービス料込みで日本円請求にシステムを変えたのでしょう。

金額自体はアメリカ標準価格で、こういったアメリカンフードであれば、他の店に比べると断然安いです。今回は家族4人分締めて7500円でした。

 

万座毛

まだホテルに戻るには早かったので、万座毛に行きました。

www.tabirai.net

万座毛は高さ20mの絶壁越しに青い海が拡がる絶景ポイント。晴れていれば紺碧の海が拡がるのですが、あいにくの曇天、でも雨が降っていないだけ良しとしなくてはいけないでしょう。眼下にはエメラルドグリーンの海が拡がっています。

f:id:take--chan:20160917235306j:plain

 

すぐに断崖絶壁なので、歩行ルートはきちんと区切られており、コース外は立入禁止になっています。この日は中国人観光客でごった返しておりました。

f:id:take--chan:20160928102314p:plain

東の方には二つの岩がしめ縄で結ばれていました。やはり「夫婦岩」と言われているのだとか。

f:id:take--chan:20160917235405j:plain

これで午後4時ぐらい、観光はここで切り上げ、市内に戻ることにしました。

次回に続きます 

 

 

旅の前半はこちらです。 

www.take--chan.tokyo

 

 

www.take--chan.tokyo

 

 

www.take--chan.tokyo

 

 

www.take--chan.tokyo