たけちゃんのあんなことこんなこと

50代家族持ち♂が普段の出来事を気ままに書いています。基本コンテンツは レシピ 食レポ 居酒屋 その他小技 となっております。


スポンサードリンク

 

自己紹介と本ブログのコンテンツとプライバシーポリシー

ナイトプールから激辛四川麺 寅馬 小四川麻辣燙

この記事をシェアする

7月8月は元町公園プールのナイターがやっているので、横浜方面に行く機会がいつもより多くなります。

ナイターで8時過ぎぐらいはいつもこれぐらいの混み方なので、自分のペースでゆっくり好きなだけ泳ぐことが出来ます。

f:id:take--chan:20160811232555j:plain

 

横浜の下町って

プールから出ると、石川町から伊勢佐木長者町の方に歩いてゆきます。

途中、横浜最大のドヤ街である寿町を通過します。

f:id:take--chan:20160811233113j:plain

南千住の山谷周辺よりディープな感じです。

 

f:id:take--chan:20160811233534j:plain

寅馬 小四川麻辣燙

元町公園プールから寅馬 小四川麻辣燙という流れは、在華紡さんが紹介していました。

 

zaikabou.hatenablog.com

小四川麻辣燙というのは、太い春雨のような麺を激辛のスープで食べる麺料理です。

場所は伊勢佐木長者町になります。

tabelog.com

f:id:take--chan:20160811234118j:plain

注文の流れは以下となります。

f:id:take--chan:20160811234657j:plain

  1. 入り口脇の冷蔵ショーケースから、具材を3種類選ぶ(4種類以上選ぶ場合、一種類あたり110円アップ)
  2. スープの辛さを選ぶ(36度:辛くない、37度:ちょいから、38度:中辛、39度:大辛、41度:激辛 41度は100円増しです)
  3. 具材を店員に渡して、辛さを告げて注文

f:id:take--chan:20160811234442j:plain

僕は、ほうれん草、豚肉、椎茸、39度で注文です。

上の看板には38度って無いんですが、来店していた中国人の殆どは38度で注文していました。

あ、店内は店員とお客さん殆どが中国人で、日本人は殆どいません。店内で交わされる会話も殆ど中国語です。

店内の様子も中国の食堂みたいです。

f:id:take--chan:20160811235147j:plain

f:id:take--chan:20160811235222j:plain

 

10分ぐらい待って注文した麻辣燙が来ました。

f:id:take--chan:20160811235103j:plain

39度はかなり辛い。スープを全部飲むことは出来ませんでした。

f:id:take--chan:20160811235415j:plain

 

近所は日本と思えない感じ

帰りは関内駅から帰りましたが、伊勢佐木長者町から関内駅への道は日本らしくない店が続きます。

f:id:take--chan:20160811235528j:plain

インドのお菓子が山積みになっていたり

 

f:id:take--chan:20160811235606j:plain

中国物産屋さんがあったり

 

f:id:take--chan:20160811235637j:plain

洋服屋さんのラインアップも日本離れしています。

 

元町-伊勢佐木長者町-関内でかなり歩きますので、程よく疲れました。

 

 

www.take--chan.tokyo

 

 

www.take--chan.tokyo

 

 

www.take--chan.tokyo