たけちゃんのあんなことこんなこと

50代家族持ち♂が普段の出来事を気ままに書いています。基本コンテンツは レシピ 食レポ お散歩記事 その他小技 となっております。


スポンサードリンク

 

自己紹介と本ブログのコンテンツとプライバシーポリシー

食レポ レトロすぎるラーメン屋 栄屋ミルクホール

この記事をシェアする

神田周辺は、皇居に近かったためか、第二次大戦時の空襲でも空襲を免れた場所が多く、また、バブル時も再開発の波に飲まれることもなく、昭和の町並みが残っているエリアがあります。

 

 

今回紹介するエリアとは少し離れますが、西神田周辺は、はじっことすみっこさんのブログにも紹介されています。

rojiurawatch.hatenablog.com

今回、このエリアをお散歩して、レトロなラーメン屋さんでラーメンを食べてきました。 

スタートは神田駅から 

スタートは神田駅の南口です。神田駅の高架もレンガ造りの重厚な構造です。これも大正8年の開業時から使われているものです。

f:id:take--chan:20160702081109j:plain

 

神田下水

神田南口から北に向かって歩いて行くと、こんなプレートがあります。

実は、歩いている道の下には、日本一古い下水道が埋設されています。

 

神田下水

f:id:take--chan:20160702081128j:plain

f:id:take--chan:20160702081150j:plain

敷設されたのが明治17年から18年なのですが、それが遺構ではなく、今でも現役で使われているというのが驚くばかりです。(今でも使われているので、見学することは出来ません)

 

 

レトロな町並み

その下水の上の道を歩いていると、昭和がそのまま残っているような家並みが続きます。

こちらは染み抜き屋さん。まだこんな商売が成り立っているのが驚きです。多分探せば洗い張り屋さんもありそうです。

f:id:take--chan:20160702081208j:plain

 

こちらは染み抜き屋さんの隣にあった洋装店。ブティックじゃないですよ。洋装店です。中のマネキンを覗きこんだら、おそらくお仕立ての洋服をしつらえるようで、奥の方にはミシンもありました。

f:id:take--chan:20160702081225j:plain

 

こちらは、何屋さんだったかな。銅葺き壁は珍しいですね。緑青がいい感じです。

f:id:take--chan:20160702081332j:plain

 

こちらは民家ですが、玄関を出るときに火打ち石で送り出してくれそうです。そういえば、銭形平次も神田の生まれですよね。

f:id:take--chan:20160702081352j:plain

 

栄屋ミルクホール

今日の目的地となる栄屋ミルクホールに到着しました。

 

f:id:take--chan:20160702081413j:plain

 

栄屋ミルクホール

食べログ栄屋ミルクホール

このお店、知ってはいたのですが、なにせ午後5時頃には閉店してしまうというお行儀の良さなので、なかなか中に入れることがありませんでした。この日は偶然午後この近辺で時間が空いたので、本当に久しぶりに中に入ってみることにしました。

 

f:id:take--chan:20160702081439j:plain

ちょっとガタガタするガラス戸を開けて中に入ります。

 

f:id:take--chan:20160702081510j:plain

店内も期待通りのレトロさ。この日は14時頃でしたが、入った時は僕一人。その後二人ほど勤め人らしい人が入ってきました。支那竹麺はこの日は既に売り切れだそうです。メニューは掲示されているラーメン類とカレーだけというシンプル加減です。

カレーも食べたことありますが、ハウスかS&Bのルーで作ったお家のカレーといった素朴なのが出てきます。

 

ベニアのテーブルにビニール張りの丸椅子というのが、「The食堂」って感じですね。

f:id:take--chan:20160702081521j:plain

 

 

ラーメンを発注

ここはシンプルにラーメンを発注です。

ラーメンの場合、厨房へのコールが「おそばひとつぅ」っていうので、ラーメンというより支那そばですね。

 

10分は待たないぐらいで、このシンプルなラーメンが登場です。

f:id:take--chan:20160702081555j:plain

 おそばは中細麺。近所の製麺所からの仕入れのようですが、出色はスープの美味しさ。化学調味料も使っているとは思いますが、濃すぎず、薄すぎず、脂少な目のさっぱりスープです。

f:id:take--chan:20160702081622j:plain

 

いつもはラーメンスープは半分ぐらい残すのですが、今回はほぼ飲みきってしまいました。

f:id:take--chan:20160702081640j:plain

 

ラーメンに満足して、店を後にします。この建物も銅葺き壁が綺麗ですね。

f:id:take--chan:20160702081705j:plain

 

庄之助最中

100mと歩かないうちに、もう一つ気になっていた店である、和菓子屋さんがあります。

f:id:take--chan:20160702081725j:plain

sugoroku.tokyo

お相撲の行司さんで有名な木村庄之助(22代)のお店です。店内にも力士の手形や番付表が飾ってあります。

f:id:take--chan:20160702081749j:plain

商品としては、看板の最中のほか、今の季節だと、麩まんじゅうや水まんじゅうが美味しいですね。この日は実家に行く日だったので、おみやげに最中と麩まんじゅうと栗まんじゅうを買いました。

 

f:id:take--chan:20160702081810j:plain

手書きの「今日のおすすめ」のチラシもいい感じです。

 

秋葉原に向けてもレトロな町並み

帰りは秋葉原に抜けましたが、まだまだレトロな町並みが続きます。

靖国通り沿いの繊維品卸売の会社ビルです。このビルも昭和10年の建築です。

f:id:take--chan:20160702081834j:plain

 

こちら、建物はそんなに古くなさそうですが、痺れ豚丼って興味をそそられますね。

f:id:take--chan:20160702081852j:plain

r.gnavi.co.jp

 

 

レトロなラーメン屋がもう一軒ありました。

f:id:take--chan:20160702081912j:plain

 

www.hotpepper.jp

 

万世橋を渡る手前には、ラジオガーデンが。今は向かいにある肉の万世の万カツサンドを食べながらビールを飲むことの出来るスタンドがあります。

f:id:take--chan:20160702081931j:plain

 

名前の由来になっている、部品屋さんはあらかた店を畳んでいて、シャッター通りになっていますが、

f:id:take--chan:20160702081953j:plain

 

スピーカーなどを昔ながらに売っている店もあります。

f:id:take--chan:20160702082011j:plain

 

神田川を渡ってしまうと、そこはもう秋葉原で、レトロな雰囲気から現代へと戻されてきます。

f:id:take--chan:20160702082032j:plain

 

過去のお散歩記事

 

 

www.take--chan.tokyo

 

 

www.take--chan.tokyo