たけちゃんのあんなことこんなこと

50代家族持ち♂が普段の出来事を気ままに書いています。基本コンテンツは レシピ 食レポ お散歩記事 その他小技 となっております。


スポンサードリンク

 

自己紹介と本ブログのコンテンツとプライバシーポリシー

せんべろ探検隊 台湾のファストフード 三商巧福の赤坂店に行ってきた

この記事をシェアする

台湾人には超おなじみの三商巧福が東京にも数店あります。


r.gnavi.co.jp

 

r.gnavi.co.jp


 

日本オープンは2014年で、その時から行きたかったのですが、先日、六本木でセミナーがありましたので、帰りがけに訪問しました。六本木から赤坂って歩ける距離なんですよ。そして、意外と下町感満載で、お散歩としても面白いコースです。

 

赤坂に着くと、懐かしいオレンジ色の看板が出迎えてくれました。

f:id:take--chan:20160626141746j:plain

 

メニュー

f:id:take--chan:20160626141814j:plain

メニュー構成も台湾のお店とほぼ一緒で、牛肉麺や排骨飯などが並んでいます。

 

f:id:take--chan:20160626141828j:plain

その他は小吃というおつまみメニューも。屋台料理みたいな感じで、種類も豊富です。

麺1/2なんてのもあるから、あんまり食べられない人でも色々なメニューを楽しめます。

 

f:id:take--chan:20160626141841j:plain

ドリンクメニューも結構安い。台湾といえば、のタピオカミリクティー(珍珠奶茶といいます)もあります。

 

f:id:take--chan:20160626141851j:plain

店の歴史がポスターになっていますが、これが敢えての繁体中文。多分本店のものをそのまま使っているのでしょうが、台湾に来ちゃったんじゃないかという錯覚を起こしてくれます。

 

注文

f:id:take--chan:20160626141946j:plain

注文方法も、台湾と同じで、メニューが書かれている紙に、正の字で数を書いてゆくやり方。日本人向けに「数は正の字で書いてくださいね」ってアドバイスが書いてありますね。

 

ドリンク

先にドリンクで頼んだハイボールが来ました。

おつまみが無かったら、高菜が食べ放題なので適当に盛り付けます。

そんなに辛くない高菜で、酒のツマミにぴったりです。

f:id:take--chan:20160626142001j:plain

 

おつまみ

f:id:take--chan:20160626142037j:plain

おつまみには台湾ソーセージを頼みました。ちょっと甘い独特の味付けです。ハイボールにとても良く合います。

 

メインは牛肉麺

f:id:take--chan:20160626142054j:plain

メインは牛肉麺にしました。牛肉が口の中でホロホロと崩れるほど柔らかく煮込んであって、八角の効いたちょっと辛いスープと相まってすごく美味しいです。味付けとしてはそんなに濃い味ではなく、油のしつこさもありません。

f:id:take--chan:20160626142109j:plain

麺は平打中細麺でスープとうまく絡んできます。

f:id:take--chan:20160626142123j:plain

途中で高菜を投入すると、味が変わって面白いです。より濃厚になる感じです。

 

オーダー勢揃い

f:id:take--chan:20160626142019j:plain

本日のオーダー

牛肉麺      630円

台湾ソーセージ  260円

ハイボール    280円

 

合計      1170円

 

かろうじてセンベロって事で良いんじゃないでしょうか。 

 

 

トイレのドアの表記も洗手間で徹底しています。

f:id:take--chan:20160626142136j:plain

 

日本で台湾を感じられるところは何箇所か有りますので、ぼちぼち紹介していきたいと思います。

 

ではまた。

 

  

www.take--chan.tokyo

 

 

www.take--chan.tokyo

 

 

www.take--chan.tokyo

 

// パンくずリスト表示