読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たけちゃんのあんなことこんなこと

50代家族持ち♂が普段の出来事を気ままに書いています。基本コンテンツは レシピ 食レポ お散歩記事 その他小技 となっております。


スポンサードリンク

 

自己紹介と本ブログのコンテンツとプライバシーポリシー

レシピ 土鍋で作るカオマンガイ

作ってみました-レシピ 作ってみました

最近レシピを改良しましたので、よろしければこちらのページもチェックして下さい。

炊飯器を一緒に使いますが、鶏肉の仕上がりが柔らかくなります。

www.take--chan.tokyo

 

東京でパクチーがいつでも買える場所が有ります。

新大久保と、アメ横センタービルの地下です。

通勤経路が上野を通るので、僕はいつも上野で購入します。夜は7時半から8時までやっています。

www.ameyoko-center-bldg.com

 

f:id:take--chan:20160320101536j:plain

 パクチー有りきで、何作ろうかなぁと思いましたが、ブロガーさんからの振りもあったので、カオマンガイを作ることにしました。

材料:(4人前)

  • 鶏むね肉  2枚
  • お米    3合
  • 中華だし  適量
  • パクチー  適量
  • ソース   オイスターソース 大さじ2杯+ナンプラー 少々     

 これだけです。鶏肉は皮を外したもも肉のほうがジューシーかもしれません。

 

作り方

f:id:take--chan:20160320101806j:plain

まず、鶏肉を

f:id:take--chan:20160320101909j:plain

茹でます。あんまりグラグラ煮ると肉が固くなってしまうので、5分ぐらいで火を止めて、あとは余熱で火を通しながら肉から出汁をとります。この茹で汁で御飯を炊きますので、捨てないでくださいね。

あと、茹でるときにアクが出ますので、アクは取って下さい。

f:id:take--chan:20160320102044j:plain

この茹で汁に業務用スーパーの激安鶏がらスープを入れて、塩味を合わせます。鳥スープとしては塩味が足りないかな、ぐらいでちょうどいいはずです。

f:id:take--chan:20160320102321j:plain

土鍋に、お米3合を研いだものを入れて、さっきの茹で汁にガラスープを入れて冷ましたものを入れた後で、茹でた鶏肉を乗っけます。水加減(茹で汁加減?)は普通のお米を炊く時と同じで構いません。うちの場合はお米3合でスープを600CC入れています。

 

f:id:take--chan:20160320102339j:plain

最初に沸騰するまではこれぐらいの中火で、沸騰したらとろ火にして12分炊きます。その後は火を止めて20分ぐらい蒸らせば出来上がりです。

 

f:id:take--chan:20160320102410j:plain

炊きあがり♡

 

f:id:take--chan:20160320102600j:plain

肉は取り出して、食べやすい大きさに切ります。その上にオイスターソース+ナンプラーで作ったソースをかけます。ナンプラーの匂いが気にならないor好きな人は多めに入れても大丈夫だと思いますが、うちは香りづけ程度なので、オイスターソース大さじ1杯+ナンプラー小さじ1杯ぐらいの割合です。

 

 つけ合わせ

f:id:take--chan:20160320102646j:plain

これは一緒に作った大根と人参のサラダです

材料:

  • 大根        10cm分ぐらい
  • 人参        小さいの1本

ドレッシング

  • ごま油       大さじ1
  • リンゴ酢      大さじ1
  • 塩         適量(小さじ1ぐらい? 計っていません)
  • コショウ      適量
  • クミンパウダー   適量
  • コリアンダーパウダー 適量
  • カルダモンパウダー 適量
  • パクチー      適量

作り方

  • 大根と人参はスライサーで千切りにして、さっと茹でる(1-2分ぐらい)
  • ドレッシングの材料を混ぜてかける
  • 最後に刻んだパクチーを乗せる

って、作り方とは言えない程度でできちゃうんですけど

このクミン・コリアンダー・カルダモンといったスパイスのおかげで、エスニックなサラダになります。

 

f:id:take--chan:20160320102437j:plain

完成!

 

この日は他に豚肉のネギ巻き+新生姜巻きを作りました。

カオマンガイの肉とサラダの上にはパクチーを大量に乗せましたので、どっちがどっちだか分からなくなっていますね。

 

また、なにか作ったら紹介します。

 

過去のレシピ記事

 

 

www.take--chan.tokyo

 

 

www.take--chan.tokyo

 

 

www.take--chan.tokyo